2010-08-19

スポンサーリンク
読む

ハードボイルド作家が描いた関西将棋会館と将棋博物館

大沢在昌さんのサスペンス小説「走らなあかん、夜明けまで」には、関西将棋会館と今は無くなってしまった将棋博物館が舞台として登場してくる。 主人公は坂田勇吉という東京の20代の会社員。 坂田勇吉は坂田三吉と一字違いの名前だったので、子供の頃から...
日記など

女流棋士行きつけ・おすすめの店[室谷由紀女流1級編]

日本将棋連盟女流棋士会「駒桜」のサイトの各女流棋士のプロフィール欄に書かれている「行きつけ・おすすめの店」探訪。 第21回目の最終回は室谷由紀女流1級 。 ----- 室谷由紀女流1級の行きつけ・おすすめの店 →サン...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました