羽生名人の初著作

羽生善治名人の初著作は1991年に発行された「ミラクル終盤術」。

将棋マガジン1988年1月号から連載された「寄せの構図」を転載したもので、全部で15章。

本論に入る前の、各章の冒頭の羽生五段の文章が興味深い。

18歳の頃の羽生名人の感じ方と日常。

今日から数回に渡り、そのいくつかを紹介したい。

[第1章]必死の研究

本書の執筆前編集の方が”独特な終盤感覚で棋界に新風を吹きこんだ天才、羽生善治が、終盤の寄せの構図を披露…”と宣伝コピーを書いていたのですが、あまりにも大袈裟なので思わず吹き出してしまいました。

この講座では終盤をテーマにするわけですが、終盤が強くなるためにはどうしたら良いのでしょうか。

一つには詰将棋です。

詰将棋には王様を詰ますテクニックがつまっています。

アマチュアの有段者の方でも、詰将棋の苦手な方は案外いると思います。そういう方は、まず簡単な一手詰め、三手詰めから始めるのが良いと思います。

そして、もう一つは実戦です。

”習うより慣れろ”という言葉があるように実際に戦ってみるのが良いようです。

そして最後にこの講座を読めば、鬼に金棒となるわけです。

—–

私はこの本を1996年に買った。

1991年に第1刷で1996年に第12刷だから、かなり売れた本なのだろう。

終盤力の弱い私が終盤力強化のために手に入れたのだと思う。

しかし、あまり読むこともなく「ミラクル終盤術」は本棚に埋もれてしまう。

あまりに高度な内容だったのだ。

実戦例での解説が多く、終盤四段以上の力を持つ人が読んで役に立つような本だ。

ミラクル終盤術―寄せ手筋をパターン化して詳解
価格:¥ 924(税込)
発売日:1991-03

—–

バトルロイヤル風間さんのブログの将棋ミュージアム似顔絵、第22弾、23弾、24弾が公開された。女流編開始。

塚田スペシャル 塚田泰明

カニカニ銀 児玉孝一

ザ・女王  蛸島彰子女流

写実派の将棋と印象派の将棋

棋士の棋風を絵画の画風に置き換えたら、という話。

近代将棋2003年9月号、団鬼六さんの「鬼六面白談義」より。

 待合・千代田で近代将棋の新しいA級順位表を見たのだが、新たに久保利明と鈴木大介が加わった。めでたいことである。二人とも奨励会時代より知っている間柄だ。

 私が知った時の彼らは十七か十八の頃だったと思うが、今では両人とも結婚してA級の座に坐ったのだから月日の経つ早さを今更ながら思い知らされる。

 もう、十二・三年も前になるのだろうか、横浜の私の家に遊びに来た鈴木大介と行方尚史、いずれも奨励会の三段だったが、私が懸賞金を出して二人に対局させたことがよくあった。勝ったり負けたりをくり返していたが行方のほうが勝率は多少よかったように思う。

 ところが或る日、アマ強豪の小池重明が遊びに来たのでこの若い二人を戦わせてみると、二人とも小池に負けてしまったので私は怒ったことがある。その時、小池のいった言葉が何とも憎たらしかった。

「いやあ、お二人ともプロの卵ですから凄く強い。もし、この将棋に団先生が懸賞金を出してくれなかったら、恐らく僕が負けていたでしょう」

 久保利明は当時、大阪に住んでいて私がアマプロ対抗戦を企画して奨励会員を連れ大阪へ遠征した時、彼は地元で合流してアマ軍と戦ったのだが彼は十六歳頃だった。久保と行方だけが勝ってあと全部、奨励会側が負けるという珍事もあったが打ち上げのとき、久保がさも旨そうに酒を飲むので酒が好きか、と聞くと、いえ、子供の頃、日本酒を飲みすぎて救急車で病院へ運ばれたことがありますから以後、飲み過ぎないよう気をつけています、といった。十六歳の少年が子供の頃というから幾つの時か、と聞くと三歳になったときです、というので皆んな大笑い。幼児の時、いたずらで飲んで救急車で病院に運び込まれたらしい。

 行方の将棋は写実派であるが、鈴木の将棋は印象派であると見ていたが、森内俊之、佐藤康光のような写実派の将棋には羽生名人は強いが、鈴木、久保のような印象派の将棋には気をつけられたい。

 やがて、この二人、名人戦の檜舞台に登場する日もあると思われる。もっとも今の羽生名人の将棋は写実から印象を経過して現代アートの域に達しているからまだあの二人の遠く及ばないところになると思われるが、(以下略)

—–

写実派は、現実を空想によらず、ありのままに捉えようとする美術上の主張のことで、人物や物を正確に描く。いわゆるリアリズムに通じる。

写実派の主な画家は、ミレー(落穂拾い晩鐘など)、クールベ(オルナンの埋葬フラジェの樫の木など)など。

印象派は、光の動き、変化の質感をいかに絵画で表現するかに重きを置いており、写実主義の絵画に比べると、主題が強調される一方、写実性には乏しい。それまでの絵画と比べて絵全体が明るく、色彩に富んでいる。荒々しい筆致が多く、絵画中に明確な線が見られないことも大きな特徴。

印象派の主な画家は、ドガ(舞台の踊り子など)、ルノアール(陽を浴びる裸婦など)、セザンヌ(パイプの男など)、ゴーギャン(タヒチの女たちなど)など。

さて、団鬼六さんの写実派の将棋と印象派の将棋の分類を、言葉にして表すとどうなるのだろう。

「序盤は苦手だが圧倒的な中・終盤力で勝つ」、「居飛車のことはわからないが振飛車なら誰にも負けない」、「良い手よりも、自分が指したい手を指したい」、このようなタイプが印象派の棋士といえる。

それに対して写実派は、ソツのない論理的な将棋、オールラウンド対応型、正統派居飛車党などか。究極の写実派はコンピュータ将棋になるのかもしれない。

そういう意味で言うと、故・花村元司九段は明らかな印象派だ。

升田幸三実力制第四代名人も主題を強調したという点で印象派。

戦法にこだわりを持った、振飛車名人の大野源一九段、腰掛銀の小堀清一九段なども印象派。久保利明二冠や藤井猛九段もこのタイプに入る。

自分らしい手を指すことにこだわりを持つ郷田真隆九段も、本籍は印象派。

それにしても、将棋におけるこの分類は難しい。

団鬼六さんの感性の世界だ。

—–

これがプロレスになるともっとわかりやすくなるのだと思う。

ストロングスタイルのベビーフェイスレスラーが写実派、覆面レスラーや悪役レスラーや誰にも真似のできない必殺技を持つレスラーが印象派。

印象派レスラーの古典的代表例としては、

魔王 ザ・デストロイヤー(四の字固め)

鉄の爪 フリッツ・フォン・エリック(アイアンクロー)

銀髪鬼 フレッド・ブラッシー(噛み付き)

呪術師 アブドーラ・ザ・ブッチャー(地獄突き)

狂犬 キラー・バディ・オースチン(パイルドライバー)

生傷男 ディック・ザ・ブルーザー(アトミックボムザウェー)

アラビアの怪人 ザ・シーク(キャメルクラッチ)

など。

ジャイアント馬場時代の全日本プロレスが印象派で、アントニオ猪木時代の新日本プロレスが写実派。

というか、K1が写実派でプロレスが印象派というのが正しいのかもしれない。

久保利明二冠の師匠への恩返し

本当の意味での、師匠への恩返し。

近代将棋2003年9月号、故・池崎和記さんの「カズキの関西つれづれ日記」より。

6月某日

 シーサイドホテル舞子ビラ神戸で「久保利明八段昇段祝賀会」。

 久保さんは東京に住んでいるが、もともとは関西出身の棋士だ。「タイトルを取ったら関西に帰る」と言い残して郷里(兵庫県加古川市)を離れたのは9年前、五段のときで、その後、棋王戦、王座戦とタイトル戦で2回挑戦者になり、順位戦でも今年、A級に入ったから、「ポスト羽生世代」の最右翼といっていい。

 その久保さんの昇級昇段を祝おうと地元ファンを中心に約200人が集まった。裏方として動いたのは師匠の淡路九段で、会場の確保、案内状の作成、看板の発注、パンフの作成、スライド上映の手配、景品の用意…と、ほとんど全部、一人でやった。

 スライドについては事前に淡路さんから僕に相談があった。「久保君の古い写真を祝賀会で見せたい。ご両親からプリント写真を預かってるんで、それをスライド用のフィルムにしたいんだけど…」と。撮影自体はそれほど難しいことではない。でも接写用のレンズや三脚は必要だし、またカメラのことをよく知らない人が接写をやるのは大変だから、僕は「淡路さんが自分でやるよりカメラ屋さんに頼んだほうが早いですよ」と言ったのだった。

 こういうことでもお金がかかる。スライド上映だと映写機も借りないといけないからなおのことだ。要するにホテルでパーティーをやるのは大変なことで、お金はもちろんだが、手間も時間もかかるのである。

 僕は昔、広告制作会社にいてイベントの企画もやったから淡路さんの苦労はよくわかる。「僕はこれまで祝賀会をされるほうだったけど、今回の仕事で主催者の方のご苦労を初めて知りましたよ」と淡路さんは話していた。

 さて、祝賀会である。乾杯の音頭を取ったのは内藤九段で、こんなあいさつをした。

「淡路君は非常に神経細やかな面があります。例えば久保君が相当大きな対局を寝過ごして不戦敗したことがありまして(池崎注:9年前の王位戦の予選決勝のこと)、そのときに淡路君がほうぼうに頭下げて回ったんです。まず連盟の理事会、主催新聞社、さらに対局相手と…。こういう師匠は他にはいません。で、最近、久保君とお酒を飲む機会があったので、”淡路君に感謝せなあかんよ。君のこと、よく思うてるよ”と言いましたら、”僕は師匠に十分感謝しております”と。この言い方がうれしくて、その日、私は焼酎を飲みすぎました」(笑)

「将棋界はありがたいところで、才能がある程度あれば努力は必ず報われます。ただ才能と努力だけではAクラス入りがせいぜいでありまして、それ以上伸びようと思えば運を味方にしないといけない。久保君は性格が大らかで素直です。将棋の神様に好かれると思うので、才能、努力、強運…この三拍子揃って、近い将来、ビッグタイトルを取れるんではないか。そういうふうに私は思うんです」

 淡路さんのお礼の言葉もなかなか良かった。

「久保君がうちの道場(神戸将棋センター)に来たのは5歳のときです。彼はアマチュアのファンの中で強くなりました。当時、久保は本当にちっちゃくて、電車の切符も(手が届かず)自分では買えなかったです。ファンに支えられてきたので、自分一人で強くなったとは思わないでほしい」

「今回のA級昇級については、私は本人以上にうれしいです。将棋界では弟子が師匠に勝ったら”恩返し”といいますが、あれはおかしいですね。師匠が負かされた相手を、弟子が負かすのが恩返しです」(場内爆笑)

 最後の言葉は、それくらいの気持ちで頑張ってくれという弟子へのエールだろう。楽しい企画がいろいろあったが、僕は幸運にもビンゴゲームで素敵な景品をゲットした。直筆色紙、記念扇子、サイン入り本の3点セット。

 この日、東京から大矢順正さんと加藤久康さん(スカタロー)が来ていた。大矢さんはマイカーで、スカさんはバスで、というからすごい。スカさんのバスはもちろん経費節約のためだが、彼は早く着きすぎたため、ふらふらと三宮のパチンコ屋に入り、あっという間に3万円スッたそうだ。

 こんなとき、関西人の口からノータイムで出てくる言葉がある。で、僕は言った。「アホちゃうか!」

—–

内藤九段は見事に現在の姿を予言していた。

淡路九段のお礼の言葉も絶妙。

久保二冠は、二冠を防衛して恩返しを更に深めた。

上海の藤井猛竜王

藤井猛九段の気さくさと、森内俊之九段の気配り。

近代将棋2001年3月号、マジシャン小林恵子さんの「上海将棋観戦旅行」より。

 最新四間飛車を求めて、上海で行われた竜王戦第1局(藤井猛竜王-羽生善治五冠戦)の海外対局を観戦しにきた私ですが、現地の料理もしっかり堪能してきました。

(中略)

 昼過ぎの控室に対局者の藤井竜王がいらした。私の顔を見た瞬間、

「あれっ、来たの! いつから?」とうれしそうに声をかけてくれた。

「一昨日の夜からです。やっとお会いできました。がんばってくださいね」と挨拶をした。

 対局中にお会いできるなんて、もしかしたら優勢なのかしら? 結局上海での対局は藤井竜王の勝利になった。

(中略)

 部屋で将棋を指していると電話が鳴る。森内俊之八段からだった。打ち上げの席が一段落ついたらしい。

「じゃあ、上のラウンジででも軽く一杯いきますか?」とお誘いをする。

 ラウンジに着くと、森内さんがキョロキョロしている。するとカウンターに座っていた二人に気がついた。

 藤井さんと記録係を務めた伊奈祐介四段だった。

「一緒にいいですか?」と森内さん。いいも悪いもない、大歓迎だ。事前に誘ってくださっていたのか、それとも偶然なのか! 森内さんの気配りはさりげなく優しい。

「えっと…」と伊奈さんを紹介しようとする藤井さんに、先日、銀河戦のお好み対局で伊奈さんに将棋を教えてもらった話をする。

「なんだー、僕よりも深い仲なんですね!」と笑っていた。

 早速、今日の将棋の話となる。

「羽生さんは相振りの予定ではなかったんですか?」と聞く。

「もし、羽生さんが飛車を振る気ならもっと早く振っているでしょう。羽生さんに限って、振るつもりで角上がりをうっかりすることはないですよ」など対局者本人から貴重な話をたくさん聞くことができた。

 話は変わりマジックを披露することになる。まずは私の師匠・柳田がスーパーテクニックのマジックを披露した。

「えー、藤井さーん。なんでなんでーどうしてー」と感動のあまり、藤井さんを軽くバンバンと叩きながら答えを求める伊奈さん。

 藤井さんは、

「俺だってわからないよー」と笑い飛ばし、「伊奈くん。これだ! これっ。女の子にもてるよ」と伊奈さんをマジックの道に勧誘をする。

 いろいろと話しているうちに、藤井さんって、とっても気さくでみんなに慕われている棋士なんだなーと、人柄のよさがうかがえた。

(中略)

 振り駒の話題になった。以前、全日本プロトーナメントを観戦したとき、朝日新聞に「将棋ファンのマジシャン小林恵子さんが応援にかけつけてくれた」と観戦記者の東公平さんに書いていただいたことがあった。

「野球で始球式を芸能人がつとめるように、これからの将棋は、振り駒を芸能人が行う時代になるかもしれない。しかし、マジシャンが振り駒をするのは問題かも…」とそえられて。

 柳田いわく、マジシャンなら練習すれば、振り駒のオモテウラは自由にコントロールができるというが、いまのところできません。

 すると、「伊奈くん。これだよー!」と藤井さんが話しに乗ってきた。

「そんなことできたらすごいな~」

「タイトル戦の初日と最終局だけでもいいね」

「小林さん、3万円でどう?」

「それは安すぎますよー」

 上海の楽しい夜は、あっという間に過ぎていった。

—–

芸能人がタイトル戦の初日に振り駒を行うというのは、かなりな妙案だと思う。

ネット中継が更に賑やかになりそうだ。

全く正反対の天才二人

全くタイプが異なる同時代の二人の天才。

ちょうど180度違うと言っていいかもしれない。

—–

近代将棋2001年1月号、青野照市九段の「実戦青野塾」より。

 同じくらいの才能を持ちながら、まったく正反対の方向へ進む二人というのは、どの世界にもよくあることかもしれない。

(中略)

 かつて故・芹沢博文九段は、

「中原も才能はオレと同じ程度だったんだ。ただ中原は、将棋がいかに難しく深いかを、早いうちから知っていたのに、オレは将棋はやさしいと思っていた。その差なんだ」

と言っていた。中原を誉めると同時に、自分に対する自嘲の言葉でもあった。

 奨励会時代、記録係をやってくれと幹事の先生に頼まれた芹沢が、

「自分より弱い人の記録はとりたくありません」

と言ったという話が伝わっているくらいだから、若いころから将棋の強さ、才能ということに関しては、よほど自信を持っていたにちがいない。

「オレは酒を飲み、バクチをやり、女も抱いて名人になる」

 その言葉どおり、芹沢は24歳の若さで、A級八段に昇った。しかし、芹沢の輝かしい時代はそこまでだった。芹沢に残る棋歴といえば、A級2期というくらいのものである。

 それにくらべ、同じ時代を生きた加藤一二三九段(芹沢のほうが年長で、棋歴は加藤が上)は、A級を30年以上続け、いまなお60歳を超えてA級の座にいる。まさに対極の二人といえる。

 同じ時代を生きたといっても二人の間に完全な実力差があったなら、これは比べてもおもしろくもなんともない。

 しかし対戦成績は7勝7敗と五分であり、しかも芹沢の将棋が多少荒れてきたと思える昭和50年代に、持ち時間を目いっぱい使って加藤を負かしていることが、芹沢のこの相手に対するライバル心を感じさせられる。

 芹沢のすさまじい光景を見たことがある。対加藤戦で、午前中から一手ごとに控室に来てうずくまり、「ハーハー、ゼイゼイ」やっている。対局の前日にもかかわらず、大酒を飲んだのだ。

「加藤はバカだ。どんどん指せば投げて帰るのに。夕方まで長考していたらもう許さんぞ」

 二日酔いはどんなに苦しくても夕方か夜になれば治る。その苦しい間に帰してくれなければ許さない、というわけである。このとき、加藤がそういう相手を見てどんどん早指しで指せば実際に芹沢は投げて帰ったであろう。

 しかし、そういうことをしていたら今日の加藤はない。

 相手が誰であろうと、体調がどうであろうと、盤上の最善だけを追い求める姿勢があるからこそ、いまなおA級にいるのである。

 将棋は夕方になって体調を持ち直した芹沢が、時間いっぱい使って加藤を倒した。その迫力にいたく感動した覚えがある。

(以下略)

—–

NHK杯トーナメントでの芹沢八段(当時)の解説は、子供心にも面白かった。

芹沢九段はAB型。

しかし、羽生善治名人、森下卓九段、木村一基八段、米長邦雄永世棋聖などもAB型だ。

身近なところでは、アカシヤ書店の星野さん、元近代将棋編集長の中野隆義さん、フォトジャーナリストのみみマルコさん、私。

血液型で気質を体系化することが非常に難しいと痛感する局面だ。

—–

若い頃に二日酔い六段の経験を持つ私が選ぶ、二日酔いを解消するために有効な食べ物・飲み物。

・リンゴジュース

・スポーツドリンク

・かき氷

・ローヅカツ定食

一見良さそうで、実はもっと苦しくなる食べ物・飲み物。

・柑橘系ジュース

・炭酸飲料

・バニラアイスクリーム

・ざるそば等のあっさりしたメニュー