2011-11-27

スポンサーリンク
読む

己の最期を自覚する悲しい目

1992年の先崎学五段(当時)の著書「一葉の写真」より。  僕の友人に、僕よりも三つ年上のAという男がいる。Aは今春就職したばかりなので、一緒に食事をしたときには、年下ながら収入の多い僕が払うことになっている。  Aは、将棋はほとん...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました