将棋JOY

10月の末まで行われていた社会人団体リーグ戦、私が所属している「原宿カサブランカ」チームは、3部リーグ赤で2勝13敗の16位(最下位)だった。来期の4部リーグ入りは確実だ。

私自身も6勝9敗で、不調なのかもしれない。いや、、不調だ。

そして、今期初出場の「将棋ペンクラブ」チームは、4部リーグ白で2勝13敗、16位(最下位)。来期は5部リーグだ。

奇しくも両チームとも、2勝13敗の16位・・・

「将棋ペンクラブ」チームは、「5部リーグから始めさせてほしい」と申し込み時にお願いをしたほど、勝ち負けよりも将棋を楽しむことに重点を置いたチーム。

来年は、もっと将棋を楽しめる環境になるはずだ。

—–

「将棋ペンクラブ」チームのメンバーは、幹事、会員、助っ人から構成されているものの、回によっては人数が足りなくなる恐れもあった。

6月のある日、twitterを見ていると、社会人リーグ参加に脈がありそうなtweetを見つけた。

以前このブログでも紹介したことのある、将棋女医のMさんだ。

Mさんは、「将棋女医の練習ノート」というブログを書いている熱心な将棋ファン。

思い切って声をかけてみると、10月なら参加できそうとの嬉しい返事をいただいた。

勝ち負けに関係なく将棋を楽しむという観点から、絶好のパターンだ。

当日の模様は、「将棋女医の練習ノート」に書かれている。

→将棋女医、社団戦で指す。

ぜひとも来年も、社会人リーグに参戦してほしいものである。

—–

私の夢、というほどでもないが、もし宝くじで3億円近く当たったら、「将棋ペンクラブ女性チーム」を作って社会人団体リーグ戦へ参戦したい、ということを妄想として描いている。

勝ち負けに関係なく将棋を楽しむ。

地方から来られる方の交通費・宿泊費はチーム持ち。

打ち上げの費用もチーム持ち。

将棋を指しながらこんな妄想をしているから、6勝9敗などという戦績になってしまうのか・・・

変わった将棋グッズ(2011年11月版)

2010年の4月に「変わった将棋グッズなど」、今年の5月に「変わった将棋グッズ」という記事を書いたが、その後、どのようなものが出てきているか見てみたい。

変わった将棋グッズなど(2010年4月)

変わった将棋グッズ(2011年5月)

—–

ゲゲゲの鬼太郎 原作フィギュアコレクション 将棋ゲゲゲの鬼太郎 原作フィギュアコレクション 将棋
価格:¥ 2,940(税込)
発売日:2006-12-23

ゲゲゲの鬼太郎「電気妖怪」より、ゲゲゲの森の木の中で将棋を指す鬼太郎とこなき爺のフィギュア。

かなりの通好みのフィギュアなのではないだろうか。

—–

1/144 縁台将棋1/144 縁台将棋
価格:¥ 735(税込)
発売日:

重量感のある金属製、塗装済み完成品なので手軽に並べて楽しめるという。フィギュア身長約1.2cmの極小サイズ。1/144スケールジオラマに、Nゲージ鉄道模型レイアウトに最適。

セット内容は、縁台・将棋指し2体・浴衣女スイカ・虫取り子供とのこと。

鉄道模型ジオラマの世界は、奥が深い。

—–

将棋駒お手入れ椿油将棋駒お手入れ椿油
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:

椿油は酸化されにくいオレイン酸を比較的多く含むため、他の食用の油脂に比べて固まりにくい性質を持つ。

—–

対局時計台(囲碁・将棋 足付盤で対局されるときに)対局時計台(囲碁・将棋 足付盤で対局されるときに)
価格:(税込)
発売日:

ありそうでなさそうな商品、、なのだと思う。

—–

香盒(こうごう) 天童将棋駒香盒(こうごう) 天童将棋駒
価格:(税込)
発売日:

山形県天童市大字山元中の武内王将堂・三代目彫師鷹山の作品で、けやきの木地に「香車」の文字を手彫し、黒漆を流し込み磨いたもの。時々柔らかい乾いた布で拭くとつやが増しすという。

香盒(こうごう)とは、香をいれる蓋付きの小さな容器。

—–

【K1100】和風カバーエプロン2(将棋)【K1100】和風カバーエプロン2(将棋)
価格:¥ 3,400(税込)
発売日:

このエプロンは半年前も紹介したが、モデルの女性が素晴らしいのと、やはり、あまりにも必然性が感じられないエプロンであること、などからスケールを大きくして再掲することとした。

とても微妙で危うい雰囲気が、非常に印象的だ。