2012-06-22

読む

最強の検討陣と、四間飛車理想の捌き

将棋マガジン1990年2月号、河口俊彦六段(当時)の「対局日誌」より。  さて、大山~塚田戦である。  大山の自在な指し回しに対し、塚田は硬くなったか、指し方がギコチなく、と金作りを間に合わされて苦戦の感じだ。それでも、千日手含みで...
タイトルとURLをコピーしました