2013-07-09

インタビュー・対談

行方尚史四段(当時)「泥だらけの純情」

近代将棋1993年11月号、「棋士インタビュー 行方尚史四段の巻 手探りの青春」より。  どんな大棋士でも四段になったときが一番嬉しいという。平成5年前期の三段リーグはハイレベルの激戦が続けられたが、最終戦を待たずに一人の棋士が誕...
タイトルとURLをコピーしました