森九段と泉八段に囲まれて

将棋世界1991年2月号、鈴木輝彦七段(当時)の「対局室25時 in東京」より。

 連盟に着いて掲示板を見ると、谷川-真部の順位戦があった。名前を見るだけで気の重いのが伝わってくるようだった。私はどこかと思ったら、特別対局室で一緒だった。

(中略)

 食事の用意がしてある記者室に入ると、皆押し黙って食べている。若手が多い日はこんなものだ。真部さんは話相手がほしかったのか私の顔を見ると「この間、代々木に森さんと来たんだってねぇ」と言った。先週、二人で真部さん馴染みの店に飲みにいったのだ。この日は生憎真部さんは居なかった。

 「森さんはゲームができなくて残念そうでした」

 「いやいや、居なくてよかったよ。泉君は居なかったろうね」

 「ええ」

 「あの二人が居たら寝るしかないからね」

 「そんなに恐れる事はないですよ」

 「いや、歌にあるだろ、”森と泉に囲まれて 静かに眠る”と」

 言いながら、自分で笑っている。皆んなもこれには笑った。考えてきたのだろうか。でも、自分でボケるなんて珍しい。いや、初めてかもしれない。そう言えば、オーストラリア旅行の話が出たから2ヵ月近く会っていない。私は嬉しかった。勝ち星は失ったけど、大きな物を得つつあるのではないかと思った。

(以下略)

—-

この日は、谷川浩司王位-真部一男八段戦、高橋道雄九段-鈴木輝彦七段戦、田丸昇七段-郷田真隆四段戦、丸山忠久四段-横山公望アマ戦などが行われていた。

”森と泉に 囲まれて 静かに眠る”は、ジャッキー吉川とブルー・コメッツの「ブルー・シャトウ」という曲の、あまりにも有名な出だし。

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ/ブルー・シャトウ(YouTube)

カジノ王の森けい二九段と野獣流の泉正樹六段(当時)に囲まれて、静かに眠る真部一男八段(当時)という図だ。

きっと、以前から考えていて、いつか出してやろうとしていたのだろう。

私の姓は森だが、このようなネタは今まで一度も頭に浮かんだことはなかった。

—–

私が通っていた高校は、宮城県泉市(現在の仙台市泉区)にあった。

この高校は当時、仙台一高や仙台二高を受験する際のすべり止めの高校として位置づけられており、中学時代に将棋に夢中になり過ぎて勉強がおろそかになっていた私は、第一志望の高校を落ちて、この高校に行くこととなったのだった。

入学試験が公立高校合格者発表の翌々日で、悲壮感漂う受験会場だったと思う。

一学年135人の少人数のミッション系男子高。

第一志望の高校を落ちたことをきっかけに、将棋はきっぱりとやめた。(次に将棋を再開するのは14年後のこととなる)

入学早々、英語の先生が「臥薪嘗胆」という四文字熟語を教えてくれた。

入学してから1~2ヵ月間はかなり暗い気持ちだったが、3ヵ月目にようやく平常心に戻ることができた。

—–

当時の宮城県泉市は、丘陵部の宅地開発が徐々に進められ、仙台市のベッドタウンとして発展を始めた頃で、私が高校に入学する2年前に町から市に昇格していた。

私が入った高校も、1年前に仙台市中心部から泉市に移転をしたばかり。

校舎は新しくなったものの、郊外にあるので近所に女子高などはなく、丘をいくつか隔てて女子短大があるだけだったので、市街にある高校がうらやましかった。

ちなみに入学の2年前に坊主頭制度が廃止され、1年前に制服自由化されていたので、入るタイミングは良かったようだ。

—–

真面目に受験勉強を始めたのは高校2年の夏休みが終わってから。

郊外にあって、少人数で、自由な雰囲気の高校だったので、落ち着いて勉強に取り組むことができた。

結果として、大学は志望校に入ることができたので、高校受験に失敗したのか良かったのかもしれない。

高校のOBには、政治活動家で「一水会」最高顧問の鈴木邦男さん(1962年卒、1期生)、漫画家の荒木飛呂彦さん(1978年卒、17期生)などがいる。

—–

来週の水曜日に行われる王座戦第1局は、仙台市泉区の「仙台ロイヤルパークホテル」で行われる。

1995年に開業された「仙台ロイヤルパークホテル」がある場所は、私の高校時代は森と泉があるだけの場所だった。

三菱地所による大規模な開発により誕生した泉パークタウンの一角にこのホテルがある。

二度行ったことがあるが、初めて行った時、その雰囲気の素晴らしさに驚いた。

三菱地所一社により作られた地域なので、まわりの風景と建物の調和が絶妙なのだ。

詳しくは、来週水曜日の「王座戦第1局対局場 仙台ロイヤルパークホテル」にて。

     

2013年8月将棋関連新刊書籍

8月の将棋関連新刊書籍。

平成25年版 将棋年鑑

平成25年版 将棋年鑑
価格:4,830円(税込、送料別)

将棋・ひと目の決め手 (マイナビ将棋文庫SP)将棋・ひと目の決め手 (マイナビ将棋文庫SP)
価格:¥ 1,155(税込)
発売日:2013-08-27
戦車ガールズ将棋 独ソ戦編 (イカロス・ムック MC☆あくしずMOOK)戦車ガールズ将棋 独ソ戦編 (イカロス・ムック MC☆あくしずMOOK)
価格:¥ 1,950(税込)
発売日:2013-08-29
ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2013-08-29
米長の将棋 完全版 第三巻米長の将棋 完全版 第三巻
価格:¥ 2,940(税込)
発売日:2013-08-27
矢倉・角換わりの教科書矢倉・角換わりの教科書
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2013-08-27
中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2013-08-13
ゴキゲン中飛車で行こう (マイナビ将棋BOOKS)ゴキゲン中飛車で行こう (マイナビ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,764(税込)
発売日:2013-08-13
第71期将棋名人戦七番勝負全記録―森内、歴代3位の8期目第71期将棋名人戦七番勝負全記録―森内、歴代3位の8期目
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2013-08
羽生善治のこども詰め将棋入門羽生善治のこども詰め将棋入門
価格:¥ 998(税込)
発売日:2013-08-07
愛蔵版 第71期 将棋名人戦七番勝負― 名人森内俊之 挑戦者羽生善治愛蔵版 第71期 将棋名人戦七番勝負― 名人森内俊之 挑戦者羽生善治
価格:¥ 2,310(税込)
発売日:2013-08-02

丸山忠久名人(当時)「……結婚してないので、詰ませたとは言えないですね」

月刊宝石2002年8月号、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。

 もうじき第61期名人戦七番勝負がはじまる。森内八段を挑戦者に迎えて、丸山忠久名人の2度目の防衛戦だ。

 2年前29才で初めて獲得したタイトルがビッグな名人位だった。一般ファンには谷川や羽生のように大注目された存在ではなかったし、寡黙で記者泣かせの新名人と言われたし、指す時に駒音を立てないのは記録係泣かせでもあったか。棋風は”激辛流”と呼ばれ、とにかく奇妙な印象だった。

 週刊誌の仕事で秋田県へ同行して私はすっかり認識をあらためた。気を張らないというか、周囲を疲れさせるタイプの棋士ではないことに感服した。

 賑やかな宴会で秋田弁の人達の質問コーナーがあり、

「谷川さんと羽生さんとどっちが嫌いですか?」

「女性を詰ませたことがありますか?」

「どうしてそんなに将棋が強いんですか?」

 などなど続々と出た。

 丸山名人は終始ニコニコとしつつも、ひとつひとつ、ちょっと考えてから丁寧に答えた。

「……どちらも、嫌いということはありません」

「……結婚してないので、詰ませたとは言えないですね」

「……自分では強いと思ったことがないので、うーん、わからないんです……」

 久しぶりに先日テレビ東京のスタジオで会った。第35回早指し選手権戦の決勝戦だ。
 放映は朝5時から45分間なので、40手までは収録せず先に指しておく。ちょうど40手めが図の局面。すでに終盤の様相!  先手(屋敷七段)の横歩取りの一戦だった。丸山名人は8四飛型から5筋の位をとって5四飛と構える。最新型だ。そして玉は中原流。金銀4枚で穴熊+美濃囲いのような固さ。攻めは飛・角・桂だけだ。

 図から▲4六銀△5六歩▲同歩△6六歩▲同角△5七歩……いきなり玉頭に襲いかかり、その後も仰天の飛車捌きを見せて結局80手で勝った。

 昨年に続いて2度目の優勝。 だからこそ、名人とは呼ばれなかった1日だった。対局者紹介や考慮タイムのたびに「丸山早指し選手権者」だ。表彰式とうちあげパーティはもう当然、「丸山早指し選手権者」。

 あらためて丸山名人の強さの幅を想った。早指し戦は他棋戦とはちがう強さが必要なのだろう。連続優勝は難しく、なんと20年ぶりのことなのだった。

 乾杯のとき、そこだけエアポケットのようだったから思わず私がビールをお酌した。秋田の人が後で大喜びの手紙をくれましたよと言ったら、名人すぐニッコニコ顔をみせてくれた。

—–

「谷川さんと羽生さんとどっちが嫌いですか?」

「女性を詰ませたことがありますか?」

は、今でも使えそうな面白い質問だ。

秋田弁だとどう言うのだろう。

—–

湯川恵子さんは週刊ポストで「トップ棋士が指導する将棋三番勝負」というコーナーを20年にわたり担当していた。

編集者の故・斎藤宜郎さん、カメラマンの弦巻勝さん、湯川恵子さん、その回を担当するプロ棋士の4人が、全国の支部や将棋サークルの元を訪れ、指導対局を行う。

旅情と人情が溢れるこの企画、残念ながら2005年に終了してしまったが、ぜひとも復活させてほしいものだ。

—–

”気を張らないというか、周囲を疲れさせるタイプの棋士ではないことに感服した”は、湯川恵子さんらしい、湯川恵子さんならではの表現。

読んでいるだけで納得できる。

—–

1999年に刊行された別冊宝島「将棋これも一局読本」のスペシャルトーク「矢内理絵子女流三段VS碓井涼子女流二段」より。

―プロ棋士でいいなあと思う人は?

矢内 私は丸山(忠久八段)ファンです。あの、ふわーっとしていて優しそうなところが。それから最近は佐藤(康光)名人も素敵に思えてきました。

碓井 一度お仕事をご一緒したときにとても優しくしてくれた杉本(昌隆五段)先生のファンです。でも丸山ファンでもある。この間さあ、連目に棋譜をコピーしにいったら、使い方がわからなくて、ウロウロしていたわけ。そうしたら丸山先生がニコニコしながら無言で近づいてきて、ぱーっとコピーしてくれて、またニコニコしながら去っていった。

矢内 いいよねえ(笑)

(以下略)

—–

いつもニコニコしていて、ふわーっとしていて優しそうで、周囲を疲れさせるタイプではない人間になってみたい・・・

     

 

「こらっ!!何しとんねん」と言われた佐藤康光少年

将棋世界1991年5月号、佐藤康光五段(当時)の「待ったが許されるならば・・・・・・」より。

 私は文章を書くことがはっきり言って好きではないし、書くと「文章がカタいね」とよく言われる。

 理由ははっきりしている。読書量の欠如からくる感性のなさと言葉の狭さで、生まれてこのかた本を読み漁ったという経験が記憶にない。

 小学生の頃から作文と読書感想文といえばイヤでしょうがなかった思い出がある。

 河口先生(俊彦六段)は「生涯一万冊本を読むことが目標」と書いておられたが私には夢また夢のような話である。

 そのような私であるが滝先生(誠一郎六段)には奨励会のときから随分とお世話になっている。

 快く引き受けさせて頂くことにした。

(中略)

 昔、といっても2、30年前だが将棋の世界には内弟子制度というのがあって師匠の家に住み込んで買い出しや掃除、洗たく等家事を手伝いながら将棋の勉強をしていたそうだ。

 今は時代が移り変わってそういうことはなくなり、もっぱら通い弟子と言われる自宅から通う人が殆どである。

 私も通い弟子だが、私が奨励会を受験する半年ほど前から半年ぐらい内弟子らしきことを経験した。

 当時、毎週土、日曜に師匠の田中先生(魁秀八段)が大阪の枚方に将棋教室を開いており、その手伝いを兼ねて泊まり込みで行っていた。

 土曜日、昼過ぎに学校が終わるとすぐさま教室に行って将棋を指す。そして終わるのが夜の9時頃、それから後かたづけなど。

 夕飯を頂き、お風呂に入って夜の12時頃から2時間位師匠に将棋を教わる。

 将棋界では弟子が師匠と将棋を指すのは珍しいが私の場合は100局以上は指して貰っている。

 そして次の日、掃除、教室の用意等して再び教室が始まる。

 私と同年代の中で数少ない内弟子経験のある先崎五段に言わせると一番大変なのは風呂掃除らしい。

 そういえば私の心にひっかかっていることがある。私が初めて奨励会で大阪の将棋会館に行った。

 皆始まる30分前には集まっている。

 そして黙々と駒を磨いている。そこには何とも厳かな雰囲気があった。

 対局の記録係をつとめるときもそうだ。1時間半前に着いて盤、駒、灰皿など確認してやはい最後に駒を磨く。皆これは先輩を見習っているのである。

 しかし私は父の転勤で1年たらずで東京に移った。

 東京の奨励会に来て驚いた。雰囲気が全く違っている。何となく自由な感じがあった。当たり前だと思っていた駒を磨くことをやっているのはごくわずかである。

 そこで私はどうしたかというと皆やっていないからいいやと思ってやらなかった。今考えると恥ずかしい事である。

 悪い見本になってはいけない。

 関西の良い伝統は守って欲しいと思う。

   

 私が初めて記録係をつとめた時、苦い思い出がある。

 私は順位戦の記録をとっていた。初めは緊張していた私であるがじきに慣れ、夕方頃になると隣でやっていた将棋が面白い終盤戦になっていた。私はそちらに夢中になって肝心の記録の方に目がいかなくなっていた。

 初めは「指したで」と親切に教えてくれた対局者の先生も2回、3回と私が気が付かないうちに隣で戦っていた某先生がたまりかねて「こらっ!!何しとんねん」と大声が対局室に響く。

 全く怒られるまで気がつかないのであるからどうしようもない。

 ただ将棋が指せるからという理由だけで入ったこの世界だがこの頃から少しずつプロとしての自覚がでてきたと思う。

 以後、私も記録は結構とったがさすがに同じ過ちはしなかった。

 某先生とは当時関西奨励会の幹事をされていた東先生(和男六段)である。

 次回はその東先生にリレーエッセイをお願いすることにします。

—–

自分が記録係であるということも意識の中から蒸発してしまうほど将棋の盤面に夢中になる奨励会員。

怒られはしたものの、非常に有望な奨励会員が入ってきたとも思われたに違いない。

「ガラスの仮面」風に言えば、「佐藤康光・・・恐ろしい子!」ということだろう。

佐藤康光少年が関西奨励会から関東奨励会に移るとき、当時の関西奨励会幹事だった東和男六段(当時)と森信雄五段(当時)が、「将来の名人候補が東京に行ってしまう」と嘆いた話は有名だ。

—–

仙台の「杜の都加部道場」の加部康晴さんに聞いたことがあるが、道場に忘れ物をしていく子ほど将棋の力が伸びるという。

将棋が終わった後も頭の中で将棋に集中している(将棋のことを考えてる)から忘れ物をしてしまうわけで、その将棋に対する集中力が大事ということだ。

—–

副鼻腔炎は集中力が落ちる病気とも言われているが、私はこの夏、副鼻腔炎の手術をして、現在では鼻が非常に爽快になっている。

今週の日曜日に行われた社会人団体リーグ戦では、珍しく4勝0敗の個人戦績だった。

手術のおかげで、私に集中力が上がってきていると信じたいところだ。

      

激辛感想戦

近代将棋1991年3月号、鈴木宏彦さんの第14回若獅子戦1回戦第2局〔小倉久史四段-丸山忠久四段〕「小倉の荒技、丸山包囲網を破る」より。

 将棋連盟の手合係のところに棋士の個人成績表がある。平成二年度の棋士の成績を◯と●を付けて表にしたものだ。

 ぱらぱらっとそのファイルをめくる。A級、B級1組、B級2組、なぜか上位の方は全体に黒っぽくて、C級1組、C級2組、下位の方に行けば行くほど白っぽい表が増えて来る。

 昨年の年末時点で勝率七割を超えている棋士が九人いた。B級2組以上の棋士でその中に入ったのは、小林八段ただ一人。他の八人の棋士の勝ち越しの合計が、なんと百五十八。これでは他の棋士のところまで勝ち星が回らないのも無理はない。

 羽生のあとは、佐藤康光と森内と村山が出てきた。すごいすごいと驚いていたら、屋敷が出てきて、さらに郷田と丸山が出てきた。

 引き絞った弓から、矢がビュンと音をたてて飛び出すときのような勢いで新人達は勝ち進む。二十六勝七敗。勝率七割八分八厘。今期、この対局までの丸山四段の成績。今期一緒に四段になった郷田と二人で、ずっと勝率一位を争っている。

 奨励会三段の時、新しくできた特別推薦制度によって丸山は早稲田大学に進学した。もちろん現在も早大在籍中だが、本人の話では、ほとんど大学には行っていないらしい。大学生の勉強をせずに何をしているのかといえば、もちろん将棋の研究である。なにしろ白星軍団の中からさらに白星を稼ぐのが、丸山たち新人に与えられた使命なのだ。遊んでいる暇はない?

(中略)

 遊んでいる暇はないはずの若手棋士たちだが、何時は結構遊んでいるという説もある。

 将棋年鑑に紹介されている小倉四段の健康法。「よく遊ぶこと」。

 麻雀、スキー、ゴルフ、ついでにデート?小倉は将棋連盟レクリエーションクラブの名幹事なのだ。みんなの都合をうまくまとめて、自分がプレーするときは接待役に徹していると聞く。どこの職場にもこういうタイプの人間がいるが、一匹狼ぞろいの将棋連盟では貴重な存在である。

(中略)

「打たれ強く、秒読みにまた強い」というのが丸山将棋の評判だ。体形はやや小柄だが目つきや動作など、いかにも俊敏な印象を受ける。系列としては森下、佐藤康タイプではなく、明らかに羽生、屋敷の路線。

(中略)

 本譜、▲6一角以下の順もかなりの乱暴である。

photo (16) 

〔1図以下の指し手〕

△8二飛▲4三角成△同銀▲5三金△5二金▲4三金△同金▲4四銀打△同金▲同銀(2図)

photo_2 (11) 

「小倉君の将棋?粗いでしょう。その代わりパンチ力はある」

 これは森下六段の観察。丸山が羽生・屋敷路線なら、小倉は森けい二・櫛田路線という感じ。

(中略)

「アマチュアの将棋だったら、先手が楽勝だけどなあ」

 記者室でこの将棋を並べながら独り言をいっていたら、対局で上京していた村山聖五段がのぞいてきた。

「そうですかあ?駒損ですよ」とその村山五段。

 駒損といっても、たかが角金交換だ。玉の固さはそれこそぶっ大差。しかしこの前期若獅子チャンピオンは「そうはいかん」とおっしゃる。

 実際、この局面は「一目、先手の攻めが無理」というのがプロの感覚らしい。局面が進むにつれて、なんとなく僕も分かってきた。先手の攻めは飛車、金、銀の三枚だけ。自玉が攻められる心配こそ当分ないが、その前に攻めが切れてしまいそうなのだ。

(中略)

(この後、丸山四段が優勢に進めるが、疑問手が複数出て、小倉四段が勝つ)

小倉「結構大変だと思っていたんだけどなあ」

森下「どこが大変なんですか。大差ですよ。大差」

 森下六段が加わった感想戦。この辺り小倉四段はぼろぼろにされていた。小倉が五、六手攻める。森下が五、六手受ける。何度やっても、そのたびに「はい。おしまい」という感じ。もともと強かった森下六段だが、最近、手の見え方が一段と強くなったみたいだ。丸山は静かにニコニコしながらその感想を聞いていた。

(以下略)

—–

小倉久史四段(当時)の荒技は、アマチュアに好まれる流れ。

たしかに、振り飛車党なら2図の局面は先手を持ってみたくなる。

しかし、プロの見かたは違う。

このような激辛な感想戦も、ファンには大いにウケけると思う。