丸山忠久五段(当時)「◯◯さん1年分」

将棋世界1995年1月号、丸山忠久五段(当時)解説の第25回新人王戦決勝三番勝負第2局〔丸山忠久五段-郷田真隆五段〕「嬉しい初優勝」より。

―今回の新人王戦ですが、連勝中にかなり勝ち進んできましたよね。

「でも決勝戦第1局は連勝がとぎれた直後でしたよ」

―トーナメントは順調に勝ち進んできましたか。

「準々決勝の浦野さんとの将棋が大苦戦でした」

―対局や連盟にきてVS(練習将棋)をやっている以外の日は、ど過ごされていますか。

「ごろごろしています」(笑)

―でも、取りに来る棋譜の多さでは、若手の中でも一、二ですよね。資料室に◯◯さん1年分と言って取りに来るのは有名ですよ。まとめて50局ぐらい持っていきますが、全部並べているんですか。

「全部並べてる場合は、少ないです。さあっと目で追ってから適当に選んで並べます」

―普段は何時頃起きていますか。

「最近は遅いですね。なんにもなければお昼頃です」

―ところで今年はずいぶん対局が多そうですが。

「先月は、10局でした」

―研究会やVSはどのぐらいやられていますか。

「VSは週に2回ぐらいですね。研究会は、活動しているのは小野研だけですね。小野、高田、北島で月に2回ぐらいです」

(中略)

―今回の新人王戦を振り返って、連勝で終わりましたが。

「1局目を勝てたのが大きかったですね。2局目、気楽にやれたので。目標ですが。あまりたてない方なので。ずぼらな性格なんです」

―少し質問を変えて、今毎日どのくらい将棋をやっているんですか。

「VSだと、お昼頃来て6時か7時ぐらいまで、3、4局ほどやっています」

―平均5、6時間ですか。

「家にいる日はもっと少ないですよ」

―佐藤竜王が、一日7~8時間と言っていましたが。

「あれは凄いですね。僕は、目標とか作ったりしないので1局、1局指していければいいですね」

—–

1999年に刊行された「将棋これも一局読本」の山岸浩史さん構成の「スペシャル・トーク 矢内理絵子女流三段VS碓井涼子女流二段」の中に次のようなやりとりがある。

―プロ棋士でいいなあと思う人は?

矢内 私は丸山(忠久八段)ファンです。あの、ふわーっとしていて優しそうなところが。それから最近は佐藤(康光)名人も素敵に思えてきました。

碓井 一度お仕事をご一緒したときにとても優しくしてくれた杉本(昌隆五段)先生のファンです。でも丸山ファンでもある。この間さあ、連盟に棋譜をコピーしにいったら、使い方がわからなくて、ウロウロしていたわけ。そうしたら丸山先生がニコニコしながら無言で近づいてきて、ぱーっとコピーしてくれて、またニコニコしながら去っていった。

矢内 いいよねえ(笑)

碓井(現・千葉)涼子女流初段(当時)が困っているところを助けた丸山忠久八段(当時)。

この時も丸山八段は、資料室に棋譜を取りに来て、コピーをさっきまでしていたのかもしれない。

それにしても、格好いい登場のしかたと去り方である。

—–

「◯◯さん1年分」とは、具体的には、

「羽生さん1年分」

「森内さん1年分」

「佐藤康光さん1年分」

「郷田さん1年分」

「藤井さん1年分」

のような使われ方。

破壊力というか、とてもインパクトがある。

—–

1年分というと思い出すのが、渡辺明二冠宅に届いたJT杯勝利者副賞のJT飲料1年分。

段ボール(妻の小言。)

JT杯(妻の小言。)

9月。(渡辺明ブログ)

1年分とは具体的にどれくらいの量か、私にとっては初めて知ることができた記事だ。

タイトルとURLをコピーしました