2015-05-13

スポンサーリンク
読む

行方尚史五段(当時)「先週、僕のささやかな希望は打ち砕かれた」

将棋世界1998年11月号、大崎善生編集長(当時)の編集後記より。  出張校正室をあけるとヘッドホンをつけた見慣れない若者がすわっている。朝の10時から翌日午前1時までの15時間に亘り出張校正室の机にかじりつき黙々と原稿用紙と格闘していた...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました