2015-10-18

自戦記

大山康晴十五世名人「この頃から、私は中原さんと指すと、しんから疲れてしまうようになったし、勝率もぐんと悪くなった」

近代将棋1988年6月号、大山康晴十五世名人の「将棋一筋五十年」より。  昭和47年の第31期名人戦。これは毎年行われている名人戦の中でも、私にとって忘れ難いものがある。  この年の七番勝負で私は敗れ、名人位のタイトルは挑戦者の中原...
タイトルとURLをコピーしました