師匠が内弟子に将棋の指導をしない理由

倉島竹二郎さんの「昭和将棋風雲録」より。

 私は最初、内弟子は絶えず師匠から将棋の指導を受けるものと考えていたが、これは全くの見当違いであった。市川にいた3年間、大崎八段が内弟子に将棋を教えているのを見たことは一度もなかった。内弟子たちは日課のように相当広い邸内をくまなく掃除しなければならなかったし、また百鉢を超える盆栽に水をやらねばならなかった。それに大崎八段の口述筆記や原稿の清書もしなければならず、将棋の勉強は寸暇を見つけて内弟子同士が指すくらいのもので、見ようによっては奉公人以上の酷使に思えた。が、これは大崎八段のところにかぎった話ではなく、升田元名人もいつか私に「内弟子時代は拭き掃除から使い走り、時には洗濯のいっさいを仰せつかったこともあります。そして、木見先生には一度も将棋を指してもらいませんでした」ともらしていたほどで、棋士の内弟子生活はどこでも大同小異だったようだ。私はそうした内弟子制度が時代錯誤でありまた不合理にも思えたので、大崎八段にいつまでもこんな調子でよいのかと非難めいた質問をしたことがあった。

 と、大崎八段は「ものごとは考え方じゃが、芸ごとや勝負ごとの修行は理屈を抜いたもので、私はだいたいこんな調子でよいと思っとる。拭き掃除も修行の一つといえないこともない。それに、稽古は素人衆にだけするもので、どんなに段や級が低くても専門家を志したからは教えてもらおうなどという気持ちがあっては問題にならん。自分の道は自分で切りひらいてゆくほかはない。内弟子修行は将棋指しがどういうものか、つまり棋士の根性とかあり方をおのずと体得するところに値打ちがあるのじゃ」と微笑を浮かべながら答えた。が、大崎八段が内弟子たちの将棋に全然無関心であったかというと、けっしてそうではなかった。

 ある日、私は大崎邸で将棋を指した。相手はたしか藤川君であったと思うが、私はまんまと嵌め手に引ッかかって、にっちもさっちもいかなくなってしまった。そこへ偶然現れた大崎八段が盤上を一瞥すると、急に顔色を変え、

「藤川、お前は何というみっともない将棋を指すのじゃ、そんな根性じゃいつまでたっても一人前の将棋指しにはなれんぞ!」

 と、おそろしい剣幕でどなりつけた。私は大崎八段はなぜ急に怒りだしたのかわからず、ひどく面喰らったが、藤川君は師匠のことばがすぐピンと胸にこたえたらしく「すみません」と素直に謝った。大崎八段は顔色を和らげ、棋聖天野宗歩が弟子の負けてきた将棋を見てその男らしい指しぶりを称揚し、また弟子の勝ってきた将棋を見てその卑劣な指しぶりを叱責した故事を例にとって、棋士は常に理想を高く持って勝敗よりもりっぱな将棋を指すことに努めねばならぬことや、ことに修行時代はその根性を養うことがなによりたいせつであることを、諄々と説き諭した。

——–

故・花村元司九段が弟子の森下卓九段の少年時代に平手で千局以上稽古をつけたケースもあるが、ほとんどの場合、師匠は弟子に直接の将棋の指導(技術の指導)をするようなことはない。

倉島竹二郎さんの文章では、その辺の機微が見事に描かれている。

——–

18年か19年前のことになるが、田中寅彦九段と飲んでいる時のこと。

同席していた人が「息子さんに将棋の指導をされたりすることはあるんですか?」と質問をした。

この頃、田中寅彦九段のご長男の誠さんが、奨励会員であり田中九段の弟子でもあった。

田中九段は、

「絶対に教えません。自分で強くなれないようならプロとしてやっていけませんから」

と明快に答えていた。

親の気持ちとして、師匠の気持ちとして、共通するものだったのだと思う。

——–

師匠と弟子の関係は、将棋・囲碁、スポーツ、伝統工芸、料理人など、それぞれの世界でそれぞれの形がある。

歴史的な成り立ちも含め、それぞれの世界の違いを調べてみるのも面白いかもしれない。

 

「師匠が内弟子に将棋の指導をしない理由」への10件のフィードバック

  1. 志を学ぶのみ、将棋は勝手にどうぞって感じなのですね。
    内弟子になっても小間使にされるだけで、メリットは一切感じられないなぁとも思う現代的思考。
    1番大事な将棋の勉強時間を師匠が奪うだけで、面倒は見ないという。
    何のために子供を預かるのだろうか。

    1. 時代背景もあるのでしょうが、あの当時、大山十五世名人も升田実力制第四代名人も通い弟子だったならあそこまで強くはならなかったと思います。また師匠の側から見ても、内弟子をとるのは経済的にはマイナスにしかならなかったわけで、大崎八段が話している通りなのだと思います。

    2. 将棋はゲームだから、そうじゃないのかな?
      数学とか物理学とか本当に頭脳を要求するものは
      先生が、ある程度のところまではしっかり教えないと何もできないけどね

  2. 植林をする際、人が行う作業は山肌に穴ぼこをあけて苗木を入れ土をかぶせて根っこを埋めるだけ、だそうです。
    水はやらない! というのには少なからず驚きましたが、「それで生きていけるようでないと、立派に育つ木になりません」という植林作業員の言葉には、なるほどなあと思ったものです。
                               ゲノゲの きたろう

    1. きたろうさん

      本当になるほどなあと思う話ですね。厳しい世界ですね。

  3. 大学院生の頃に、師匠に不勉強を叱られたことがあります。ある文献を教えていただいたのですが、「なんで僕が君に教えてるんだ、大学院生にもなってこんなんじゃ恥ずかしいと思わなきゃだめだ。○○先生こういう文献がありますよと、君が僕に教えてくれるべきじゃないか」と激しく叱られました。申し訳なさに下宿に帰ってからも涙がとまりませんでした。
    内弟子ではありませんけど、徒弟奉公的なものは共通するようにも思います。そういう世界に身を置いたことのない方にその機微を分かっていただけるかどうかは、わかりませんけど。

    1. Brittyさん

      田中寅彦九段のご長男(かつ弟子)が奨励会員の頃、田中九段が「見ていると教えたくなるんだけど、そんなもの自分でどうにかしなければプロでは通用しない。だから一切息子には将棋を教えないんです」とお話をされていました。師匠の気持ちとしても、親の気持ちとしても、将棋は教えないということは共通しているようでした。もっともっと大きくなってほしいからこそ教えないということなのでしょうね。

  4. 羽生永世7冠の師匠・二上達也九段は棋士としては例外的なくらい穏やかな人だったらしい
    故村山聖九段の師匠・森信雄七段は病弱な弟子のために自ら身の回りの世話をしたほど
    なんだかんだいって、大成するかは師匠にかかってるといってもいいし、自分を負かすかもしれないからと後進を育てない棋士ばかりではゲームとしての発展がない

  5. 普通の職人さんや技術者、商家が奉公人を取るのは
    今は損でも、いつか戦力になるというメリットがあるから
    それは普通の会社でもそうだよね、新人なんて
    まだ1銭も稼いでないのに逆に給料払って育たてなければならない

    ところが将棋は、師匠に何のメリットも無いんだよ
    金銭や生活面の面倒を見なければならない上に強くなったら敵にすらなる
    (掃除や洗濯などの奉公は労働じゃないのかなんてアホな事言う奴がいるけどそれだって自宅だったらカーチャンが息子の代わりに「労働」してやってくれてただけの事じゃん?)
    おまけに弟子が新四段になったら時計だったり数十万~数百万する盤駒
    だったりを贈り祝賀会開いてお祝いをしてあげ、晴れの舞台には師匠が和服を作ってあげるのも恒例(これも数十万~数百万かかる)

    なのになぜ棋士が弟子を取るかと言ったら
    「自分も師匠にしてもらったから」に尽きるんだよ
    師匠に恩返し(対局で勝つという意味ではなく普通の恩返し)しようとしても
    大抵の師匠は断ってこう言うんだよ
    「恩返しがしたかったら私にじゃなく自分も弟子をとって育てなさい、そうやって次代へ次代へ返していくのが恩返しなんだよ」と

コメントを残す