藤井猛竜王(当時)「特別対局室で指したい」

将棋世界2001年5月号、河口俊彦七段(当時)の「〔B級1組順位戦最終局〕自分自身との戦い」より。

 最終戦のとき、昇級は郷田、三浦、藤井の争い。降級は小林がすでに決定し、残り一人は、福崎、森雞、神谷のなかから、という形勢。昇降級とも少数激戦だ。

 朝、ちょっとしたことがあった。

 この日はB級1組順位戦五局の他に、王座戦その他の棋戦も行われていた。そこで事務局は考え、王座戦二局を特別対局室で行い、順位戦五局を大広間にまとめた。大広間に王座戦を入れると、早く終わるので、感想戦その他で、順位戦の対局者に迷惑がかかる、と考えたのである。

 ところが藤井は、自分は特別対局室で指したい、と言った。情勢はご存知の通りで、藤井は郷田、三浦に負けてもらわなければ昇れない。大広間のいちばん奥で、その二人を見ながら指すのは嫌だ、というわけ。気持ちはわかるが、事務局も困っただろう。対局前に盤の移動は大変だから。

 しかし、結局藤井の言い分が通った。うがった言い方になるが、ここで藤井の昇級は決まったのである。藤井は気をよくしたし、郷田、三浦は、藤井の断固たる態度に気圧されるものがあったに違いない。

 対局前の駆け引きは、木村・升田から、最近の加藤に至るまで、それこそ枚挙にいとまがないほどである。言い分も人さまざまで個性があらわれて興味深く、いっぺん特集をやってみたいくらいだ。ただはっきりしているのは、言いたいことを、はっきり言った者が勝ち、変に我慢した方が負けるのである。

 ここで話は深夜の場面に大きく飛ぶ。

 藤井は勝てれば昇れるのを確信を持って指し進めれば、南はなんとなく指し手に元気がなかった。押されっぱなしの形で、夜戦に入ったころは不利がはっきりした。三浦もまた萎縮しきっていてやや不利。そもそも「相穴熊」なんて三浦らしくない。そういえば、この日の順位戦は全部穴熊だった。

 午後10時すぎ、藤井対南戦が大勢決した。

(中略)

 △6八金以下はわかりやすい寄せで、藤井は難なく勝った。

 控え室は、10秒将棋で遊んでいる棋士がいたりして大混雑。息苦しいので老人席に行くと、そこには見知らぬ先客がいた。そこで反対の端に座って一息入れた。ここにいると何とはなしに疎外感を味わえる。

(中略)

 降級争いはA級順位戦と同じようなことになっている。つまり加藤の立場が福崎で、勝てば助かる。その場合は、島対先崎戦と同じく、森対神谷戦の負けた方が落ちる。だから問題は福崎の動向で、大阪から棋譜を送ってもらい、みんなおもしろそうに眺めている。

 途中、みんなをアッと言わせた手が出た。4図で福崎は△8四飛と出たのである。

(中略)

 善悪はわからぬが、△8四飛が勝着というべきだろう。この後、以外にあっさりと福崎が勝った。

 こうして、森対神谷戦は負けられぬことになった。2、30年前の関西本部だったら、こういうとき、一杯引っかけた大先輩が、森と神谷が戦っている盤側に行き「福崎君は強い将棋や、見事に勝ちおった」などと言っただろう。こういった類の嫌がらせがしばしばあった。そんな目にあって若手棋士は鍛えられたのである。

 時代がかわり、この日などは、大阪の結果を知らせぬよう、全員が気を遣っていた。いつもなら、控え室に来て大阪の結果を気にする森が、そんなそぶりを見せなかった。他力頼みはなし、と覚悟していたのだろう。将棋は序盤から、すこしずつ森が苦しげだった。その状態をここまでずっと保ちつづけている。

 大広間の奥では王座戦二局の感想戦が賑やかだ。負けた石田九段が盛んにボヤき、私を見て「河口さん生きてますか」と声をかけたりする。こちらもマイペースなのである。

 午前0時近くに三浦が敗れた。3図で慌てたものの、高橋はその後をうまく収拾し、最後は完勝だった。

(中略)

 こうして大広間に二局だけ残った。森と神谷だけでなく、郷田も他力で助かる目があった。藤井が負ければそれで決定だったが、その望みはなくなった。三浦の勝ち負けは、郷田に関係はない。

(中略)

 ▲6二歩成で森の負けが決まった。それでも森は考える。私はそっと席を外した。

(中略)

 終わっても、取材の記者以外誰も対局室に行こうとしない。落ちた人を見るのは辛いのだ。

 さて、郷田対中村戦である。形勢は終始郷田がほんのわずかだがリードしつづけていたようである。それが煮詰まって8図。次の一手を考えているとき、背後で森が投げた。

 郷田はあぐらになったり、正座になったり。身をよじった次は頭をかかえ込む。こんなによれた姿ははじめて見た。だいたいが谷川のように冷静をよそおうタイプなのである。中村はそれをじっと見ていた。

 郷田残り時間は、このとき10分。

%e9%83%b7%e7%94%b0%e4%b8%ad%e6%9d%91%ef%bd%93%ef%bc%91

8図以下の指し手
▲6九金△8九桂成▲同玉△7七桂▲8八玉△6九桂成▲8三金△同金▲6一銀△8九金▲7七玉△6五桂▲6七玉△6六金(9図)
まで、中村八段の勝ち。

 郷田勝勢といっても、あやがいろいろあって難しい。▲6三銀と攻めて勝てれば問題ないが、△9三香▲同歩成△5五飛となったその次、先手玉が一手すきになっているかどうか。一手すきでなければ▲8三と、で勝ちだが、そのとき先手玉の詰むや詰まざるや、がわからない。

 それなら、先手玉を絶対に詰まない形にする手はないか。考えはそこにたどりつく。そうして郷田がすがったのは▲6九金という筋だった。

 この▲6九金は上級者向けの手筋。△同金と取らせれば、先手玉は駒を何枚渡しても詰まないから、好きなように攻めてわかりやすい勝ちだ。

 ただ、このとき▲6九金の他に▲6八金も見えていた。△同成桂と遠ざけるのは▲6九金と同じ意味で、これも先手勝ちだ。どちらでもよい、と読んで、△6九金を選んだところに、郷田の指運のなさがあった。

 △8九成桂といきなり来られた。これを見たときの郷田の驚きはどんなものか。たいていの棋士は、頭の血が逆流する。

 一手遅らせようとしたのが、一手早めてしまった。△7七桂と王手がかかっては、おしまいである。もし▲6八金なら、この△7七桂はなかった。

 最後、9図のときはあってもなくてもいいような、5一の角、7三桂などが働きだした。9図で▲6六同玉なら、△8四角といったように。これを「勝ち将棋鬼のごとし」と言う。

 午前0時12分、郷田は投げた。

「ああひどい」と頭をかかえ込んだ。「▲6八金なら勝ちだったでしょう」。

 中村はなにか呟く。声が細くて遠くからは聞き取れない。投了図と同じ盤面のまま駒を動かさずに、会話での感想戦が始まった。感想を言うというより、郷田の嘆きであった。

 控え室に戻るとごったがえしていた。藤井と三浦がインタビューを受けているらしい。

 老人席にずっといた人は、上毛新聞の記者で、群馬出身が二人昇級するかもしれないと、取材に来ていたのだそうだ。タバコを随分すったけど、粘った甲斐がありましたね。

 藤井と三浦が4階に戻ってきた。それぞれ2、3人ずつ気の合った者同士で帰って行く。三浦は「酒を飲みましょう」とか言って興奮している。そう言ったって仲間はもういない。編集部のN君が兄貴分ぶって「よし行きましょう」。二人共人生の初級者だがなあ。手合いが合って楽しいのだろう。

 残ったのは、毎日の山村、中砂両記者。ためしに「二人に大阪の結果と藤井の結果を伝えた?」と聞くと「とんでもありません」と手を振った。

 対局者では、森と神谷、郷田と中村がまだ残っていた。本当は、他の結果次第で、嬉しくなる目もあったのだが、森も郷田も、結果を聞かずとも、空気でいかんと知っていた。

 1時半ごろ、郷田が帰った。残った中村に一局のポイントをたしかめると「▲6三銀なら負けです。こっちは気楽に指してたけど、相手は大変ですからね。最後はなにか様子がおかしかったですよ」。

 敗因は郷田の内面にあり、口には出さねどそう言っていた。

 郷田のここ一番での弱さはどうしたことか。終局前後の姿など、全盛期の升田に似てきた。

%e9%83%b7%e7%94%b0%e4%b8%ad%e6%9d%91%ef%bd%93%ef%bc%92

——–

この期のB級1組順位戦、最終局が始まる前の段階で、

三浦弘行七段(13位)9勝2敗
郷田真隆八段(1位)8勝3敗
藤井猛竜王(12位)8勝3敗

  • 三浦七段(当時)は、自分が敗れて郷田八段・藤井竜王とも勝った場合以外は昇級
  • 郷田八段(当時)は、自分が勝つか、敗れたとしても藤井竜王が敗れれば昇級
  • 藤井竜王(当時)は、自分が勝ち、郷田八段または三浦七段が敗れた場合のみ昇級

という状況。

藤井竜王のみが他力だったが、三浦七段、郷田九段とも敗れて、藤井竜王と三浦七段がA級へ昇級することとなった。

——–

これからの順位戦、このような息の詰まりそうになるドラマがいくつも生まれる。

 

 

「藤井猛竜王(当時)「特別対局室で指したい」」への4件のフィードバック

  1. 藤井竜王は、三浦七段か郷田八段のどちらかを上回れば昇級ですから、藤井勝ち、三浦負けの時点で、藤井昇級確定。最後は、郷田負けで、三浦昇級確定ということになるのではないでしょうか。

  2. 6八金、同成桂の交換を入れて6三銀と迫っても後手にも金銀があるので簡単に受けなしに追い込まれないと思う。

    1. 細かい変化はわかりませんが、どちらにしても▲6八金なら良かったということなのでしょうね。

コメントを残す