2017-10-11

スポンサーリンク
読む

「将棋の神様は、いらぬ情けをかけてくれたと思う」

将棋世界1986年3月号、河口俊彦六段(当時)の「二流か超一流か」より。  1年前の2月の中旬、私が将棋会館3階の編集室にいると、真部がスッと入ってきた。顔は白ちゃけて脂気がなく、あきらかに憔悴の色が見てとれた。  後に知ったのだが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました