2017-10-23

スポンサーリンク
読む

米長邦雄二冠(当時)が「矢倉は将棋の純文学である」の真意を語る

近代将棋1985年1月号、米長邦雄二冠(当時)の「さわやか流 将棋相談」より。 Q.米長さんは「矢倉は将棋の純文学である」とおっしゃっていますが、これはどういう意味ですか。ちなみに他の戦法はいわば大衆小説なのでしょうか。 (旭川市 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました