2017-10-26

読む

「升田新手の被害者第一号にはB級1組の七段あたりがよく選ばれていた」

将棋世界1986年7月号、東公平さんの「ご縁の深い名棋士 神機妙算 升田幸三先生」より。  人は、時代的にしか生きられない。  もう少し早く生まれていたら、私は将棋の世界に入っていたかどうか分からないが、観戦記者になって升田幸三先生...
タイトルとURLをコピーしました