2017-12-14

読む

38手の大激戦

将棋世界1986年9月号、内藤國雄九段の「自在流 スラスラ上達塾」より。  近頃は長編小説は初から敬遠する。  小説を読むなら短編でピリッとしたものをという気持ちである。  将棋に短編、長編の呼び名はないが、鑑賞する場合短手数...
タイトルとURLをコピーしました