松田茂役九段「いやー、ぼくムチャ茂って仇名が付いているだろ。あれは困るんだよほんとに」

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

大山名人が若い頃にムチャ茂こと松田茂役流と対戦して負かされた話は、大山名人の自伝にも出てきてます。そのときの勝負に勝ったムチャ茂流だけがご馳走攻めにあったことが余ほど悔しかったんですね。
相手と同じ色の和服を着ようという発想は、将棋指しに宿っている相打ち精神からなるものと思います。これは将棋に限ったことではないでしょうが、こちらだけ楽に勝つのはなかなか大変ですので、相手にも自分だけ楽に勝つのはなかなか大変という状況を作ろうとするわけです。
ムチャ茂流には一度、棋譜解説をしてもらったことがあります。
「いやー、ぼくムチャシゲって仇名が付いているだろ。あれは困るんだよほんとに。だって、ファンの皆さんはあの仇名を見て、ぼくの将棋がムチャな将棋だって思っちゃうでしょ。そうじゃなくて、あれは、ぼくがマージャン打っていてあまりにも降りないで上がろうとばかりするから、それで付けられちゃった仇名なんだよ。そりゃぼくだってマージャンでも守りが大切ってのは知っているさ、でも、あれ、遊びでやってんだから守ってばかりじゃ面白くないでしょ。ぼくの将棋はね、ヒジョーに緻密な構想と読みの入った将棋なんだよ。そこんとこしっかり書いといてくださいね」
私め「・・・・・・あの、先生のではなくて・・こ、この将棋の解説を・・」
「あっ、そうだそうだ。ははは、そうだったね。そうそう、君の将棋さっき見てたらさ、顔に似合わずなかなかやるじゃないか」
「は?」
「だから、君、強いんだから、君が思ったように書いておいてくれればいいから」
そ、そんな無茶な。
ムチャシゲ恐るべしの一幕にございます。

—————

松田茂役九段はツノ銀中飛車の開祖。

「君の将棋さっき見てたらさ、顔に似合わずなかなかやるじゃないか。だから、君、強いんだから、君が思ったように書いておいてくれればいいから」

プロ棋士から言われたら嬉しいような、しかし仕事のことを考えると憂鬱になるような、非常に微妙な言葉だが、記事を書かなければならない記者にとっては、やはり憂鬱度120%だと思う。

 

 

先崎学少年がアマ初段からアマ四段になるまでの期間

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

いずれのおんときにか、新宿将棋センターにて、先崎流に「俺が将棋の写真撮り始めてからもうゆうに十年は経つけどさ、最初は初段あるかないかぐらいだったのが、今は四段くらいは指せるようになったかなあ。そうだ、先崎、お前、内弟子してたころここに通っていたことあったよな。お前、初段から四段までどれくらいかかった?」と弦巻カメラマンがたずねたことがありました。
そばにおりました私めは弦巻さんとともに先崎流の答えを興味津々で待ちました。
「そうですねえ」と言ってから少し間をおいて先崎流は言いました。
「ま、三秒くらいでしたか」
こ、これには、ワッハッハッハと笑うしかありませんでしたねえ。弦巻さんは笑い終えてすぐ「こいつめ」とつぶやいたのでありました。

—————

ここに出てくる新宿将棋センターは、現在の新宿西口にある新宿将棋センターではなく、靖国通り沿いの歌舞伎町にあった頃のこと。

—————

今日は複数の記事をアップしていますが、ブログの表示高速化を試みている最中で、その際に今までできていたことができなくなるという現象が起きて、条件を変えながら記事をアップして原因を探っているところです。

今日は、あと1つぐらい記事をアップする必要がありそうです。

 

 

升田幸三実力制第四代名人の仕返し

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さんから、このブログのコメント欄に寄せられた数々の棋士のエピソードより。

升田流のところに取材に参りましたおりに、奥様がこんな話をしてくれたことがありました。
「主人たらね。この間私が近所で銀行の副頭取だかをされている方の庭先の道を通りましたら骨董品というのですか、いくつも並んでいるのを見せられていろいろ講釈をされましたんですよ、って、そう話しましたらね、二三日したら、『おっ、副頭取の骨董品を見てきたぞ』って言うんです。私ちょっと心配になって『なにかまた仰ってきたんですか』って聞いたら『おお、ちゃんといろいろと見させてもろてだな、最後に、銀行の副頭取では、ま、この程度のものだな』って言ってきてやったって言うんですよ。私、恥ずかしくてもうご近所歩けませんわ」
もうご近所歩けませんわ、と言いながら、奥様はころころと笑っていらして、私めはこのとき升田流は奥様をこよなく愛されているのだなと思ったのです。

—————

昔の漫画「意地悪ばあさん」を思い出させるような升田幸三実力制第四代名人の行動。

数々の大物財界人や芸術家と親交があった升田実力制第四代名人だからこそ言えるセリフだ。

 

 

芹沢博文九段がつけたあだ名

今年の5月29日に亡くなられた元・近代将棋編集長で将棋ペンクラブ幹事の中野隆義さん。

中野さんからこのブログのコメント欄に、数々の棋士のエピソードを書いていただいている。

今月は、中野さんを偲びつつ、棋士のエピソードを振り返ってみたい。

中野隆義さん逝去

—————

芹沢流にはマージャンと碁でずいぶん可愛がってもらいました。
私めが大変に気に入っている「きたろう」という仇名は、芹沢流がつけてくれたものです。
「なんだ、お前、碁が打てるみたいだな。一局教えてやるぞ」
「は、はい。御願いします」
「好きなだけ置いていいぞ」
おずおずと六子置きましたところ。
「なんだ、この俺を相手にしてそんなもんでいいってのか。よーし、ひでー目に遭わせてやる」
「ゲゲーッ」
その後は石が多い黒の方が何故か攻められっぱなしで
「ゲゲーッ」「ゲゲーッ」を連発していましたところ
「なんだ、お前は。ゲゲゲゲ、ゲゲゲゲどうるさい奴だな。そういえばゲゲゲのきたろうってのがいたな。よし、お前は今日からきたろうだ」
私めはゲゲゲのきたろうの大ファンでしたので思わず
「は。ありがとうございます。では、喜んでこれよりゲゲゲのきたろうと名乗らせていただきます」と、満面の笑みでこたえますと
「ぶわっか。お前なんぞゲのゲのきたろうでたくさんだ」
「ゲゲーッ」
それにしてもたった一文字の違いでえらい違いです。
ゲのゲの きたろう

—————

中野さんは、髪型がゲゲゲの鬼太郎の髪型にやや似ていた。

それで、ハンドルネームは「きたろう」だったが、起源は「下の下の鬼太郎」だったのだ。

中野さんは棋士を○○流と呼んでいた。

だから、芹沢博文九段は芹沢流。

昇段しているのに気が付かずに古い段位で呼んでしまったりすると失礼になるということで、中野さんは○○流を通していた。

たしかに私も、棋士の段位を日本将棋連盟ホームページで何度も確認しながらこのブログを書いていることが多く、○○流の中野流は本当にすごい発明だと思っている。

(つづく)

 

 

郷田真隆九段「その場で思いついた手。今まで誰も指さなかったのが不思議なくらいです」

将棋世界2004年11月号、アサヒスーパードライの広告「新手が生まれる時 郷田真隆九段」より。

対振り飛車急戦に新たな光

 棒銀、山田定跡、鷺宮定跡……。振り飛車に対する急戦は一つのロマンだ。急戦でうまく振り飛車を破った時には、居飛車穴熊や左美濃で勝つのとは違う爽快感がある。

「自分が将棋を覚えたのは対振り飛車急戦の全盛時代。自分も奨励会の頃から急戦にこだわってきた」と郷田。

 そのこだわりの延長線上に対鈴木戦の▲9五歩もある。従来、居飛車の攻めが無理とされていた局面で、ポンと端歩を突く。

2000年4月10日。当時の郷田真隆八段(先手)と鈴木大介六段の対戦。▲9五歩以下は△5五歩▲9四歩△3三銀▲5五角△2一飛▲3三角成と進み、153手で先手勝ち。

 △9五同歩なら▲同香△同香▲4三歩△5二飛▲4四角の狙い。たったこれだけのことで急戦の可能性は大きく広がり、同種の攻め手順が続々と現れることになった。

「その場で思いついた手。今まで誰も指さなかったのが不思議なくらいです」と言う郷田だが、同時に「急戦に挑む以上、自分で新定跡を作りたいという気持ちは常に持っている」とも言う。

 自らの世界を広げるために、急戦のリスクに挑み続ける。▲9五歩は妥協なきチャレンジ精神が生んだ新手である。

—————

郷田真隆九段は3歳の時にお父様の克己さん(アマ三段)から教えられて、将棋を指し始めるようになった。

克己さんは、升田幸三と長嶋茂雄に心酔していた。

すべては推測だが、升田ファンの克己さんは振り飛車党だった可能性が高く、郷田少年はお父様の振り飛車に対抗するために居飛車急戦をどんどん指すようになったとも考えられる。

—————

「自分が将棋を覚えたのは対振り飛車急戦の全盛時代。自分も奨励会の頃から急戦にこだわってきた」

郷田九段が将棋を覚えた1974年は、大山・中原時代の終盤で、対振り飛車戦で左美濃が出始めた頃。振り飛車に対しては急戦全盛の時代だった。

▲3三桂~▲9五歩の郷田新手。

まさにリスクを背負いながらも果敢に踏み込んでいく、郷田九段らしい手順だ。

—————

郷田九段とお父様→郷田真隆王位(当時)「筋が悪くなるから、嫌だ」