2017年を振り返る(多く読まれた記事)

2017年、トップページ以外で多く読まれた記事TOP50。

  1. 先崎学六段(当時)「彼が死ぬと思うから俺は書くんだ」
  2. 故・米長邦雄永世棋聖は言っていない「兄達は頭が悪いから東大へ行った。自分は頭が良いから将棋指しになった」
  3. 藤井聡太四段と僥倖と澤田真吾六段将棋
  4. 板谷進九段の夢と藤井聡太四段
  5. 藤井猛九段「こっちは優秀かどうかで戦法を選んでない。指してて楽しいかどうかなんだから」
  6. 「藤井聡太四段 炎の七番勝負」と「羽生善治四段 タイトルホルダーに挑戦・五番勝負」
  7. 羽生善治五段(当時)「いえ、森内君の妹にはかないません」
  8. 「封じ手事件」の真相
  9. 超スピード昇段
  10. 「皆の頭に浮かぶ人物、口には出さねど”あの男”。そう、他に誰がいるというのか」……神と呼ばれた伝説の匿名ネット棋士
  11. 羽生善治竜王(当時)「でかしていませんね」
  12. 加藤一二三十段(当時)「こんな強敵が目の前に現れるとは思わなかったな」
  13. 森信雄六段(当時)「村山君よ、安らかに」
  14. 「森内君を連れて来てもいいですか?」
  15. 村山聖八段(当時)の急逝が将棋連盟に伝えられた日
  16. 羽生善治四段(当時)の初めての順位戦
  17. 谷川浩司名人(当時)「この男、将棋で負かした上に何の話があると言うのだろう」
  18. 控え室が騒然となり悲鳴に近い声があちこちで起きた、羽生善治五冠(当時)の妙手
  19. 若島正さんの一手詰
  20. 羽生!という手
  21. 米長邦雄棋王(当時)「変人と奇人の対決です」
  22. 三浦弘行九段の冤罪事件について〔三浦弘行九段と日本将棋連盟の間で和解が成立〕
  23. 羽生善治七冠誕生の時と藤井聡太四段29連勝達成の時
  24. 羽生善治五冠(当時)「3ヵ月もあれば藤井システムの対策はできる。けれど藤井さんもまた3ヵ月の間に新しい作戦を用意してくる」
  25. 藤井猛九段「全然いいと思っていたんだけどな」、三浦弘行八段(当時)「エッ?どこでですか」
  26. 羽生善治竜王(当時)「八木下さんと出会わなかったら、将棋をつづけていなかったかもしれない」
  27. 「何故か羽生名人を応援する棋士が多かった」
  28. 先崎学八段(当時)「バカ野郎、棋士なんかやめちまえ!」
  29. 藤井猛九段「△4六飛なんていう手を読めるはずがないでしょ」
  30. 羽生善治王座(当時)「皆さんご協力お願いします(笑)」
  31. 藤井猛九段の僥倖
  32. 誰もが驚いた、藤井猛竜王(当時)の角桂交換の強襲
  33. 渡辺竜王と藤井九段が驚いた、驚異の羽生マジック
  34. 杉本昌隆六段(当時)「双方秒読み、延々続く泥仕合、相手が羽生、という極限状態の中で、自分の中に眠っていた何かが引き出されたのかもしれませんね」
  35. タイトル戦と血液型を分析する
  36. 点のある・ない論争
  37. 神谷広志五段(当時)「16連勝した時に、塚田君が本気で心配しているという話を聞いて、それなら塚田の泣く顔を見てやろうと思った」
  38. 羽生善治五段(当時)「そんなこと怖くて言えません」
  39. 「藤井猛九段に驚きの気配があらわれている」
  40. 「ファンがその表情を見たら、必敗と悲しんでいるように思うだろう。ところがそうでない。これがいつもの姿なのである」
  41. 羽生善治四段(当時)の驚異の金銀損の攻め
  42. 「こんな筋を考える人など三浦以外にいないが、やってみると一理も二理もある」
  43. 森信雄六段(当時)と山崎隆之少年
  44. 戦慄の大山マジック
  45. 羽生善治五冠(当時)の驚異の挑発大作戦
  46. 羽生善治四冠(当時)「先崎君がとても悲しみます(笑)」
  47. 羽生善治竜王の一冠から二冠への脱却、2017年と2004年の類似点
  48. 郷田真隆九段「佐藤君と付き合った方がいいよ」
  49. 羽生善治四段と森内俊之四段と先崎学四段の夕食休憩
  50. 菅井竜也王位、斎藤慎太郎七段、佐々木勇気六段、高見泰地五段、佐々木大地四段が小学生時代に出場した2004年全国小学生倉敷王将戦

 

それでは皆様、よいお年を。

 

 

二上達也九段「本誌面はすでに8月号なのだから、はたして読む人が残っているかどうかとバトルロイヤル風間氏が述べている」

将棋世界1999年8月号、バトルロイヤル風間さんの「月刊バトルロイヤル」より。

————–

将棋世界1999年9月号、二上達也九段の巻頭エッセイ「虚か実か」より。

 8月になれば15日、報道紙面をいろいろとにぎわす。

 先月7の月の事を書いたら本誌面はすでに8月号なのだから、はたして読む人が残っているかどうかとバトルロイヤル氏が述べている(8月号参照)。

 残念ながら筆者はそれに気付かず、バトル氏の読みに一本取られた形である。

 この発行日付を先にする習慣はいつ頃できたのかちょっと分からない。

 一時はどんどんエスカレートして2ヵ月ぐらい先の号を打っていた頃もあった。

 やはりそれは少々ひどいということが、現在の形になっている。

 まあ打ち明け話、競争誌との関係で、一日でも早く発行することが、直接の売上高につながる意図もあったようだ。

 また、正月号など、印刷所、取次店、さらに編集者も年末年始の休みに入るため、誌面作りは12月中頃までに終えていなければならない。

 現実の12月に新年の御挨拶もないものだが、おかしいおかしいと思いながら続いているのは妥協の産物だろう。

 あと何百年か経って、発行日を当てにして歴史検証をしようものなら不正確を生む元になりはしないか。

 まあ歴史は十年二十年、百年さらに千年単位で考察するから1ヵ月ぐらいのずれは問題にならないとは思う。

(以下略)

————–

バトルロイヤル風間さんの「1999年7の月の後の8月号なんて、かいても読む人が残ってるんだろうか……」は、ノストラダムスの大予言のこと。

将棋世界8月号の発売が7月3日だとして、7月になった途端に”恐怖の大王”が現れたら、たしかに読む人は一人もいなくなる。

とはいえ、時節がテーマの巻頭随筆の場合、7月号に7月のことを書いたほうが良いのか8月のことを書いたほうが良いのか、なかなか微妙なところではある。

—————

発行日付を先にするのは、本の“鮮度”をアピールすることが狙いで、出版社の独自裁量に任されているという。

[発売日]と[発行年月日](公益社団法人 全国出版協会)

つまり、その号が次の号が出るまで書店に置かれているとして、次の号が出る直前になっても「あっ、古い」と思われないようにするということだ。

—————

7月号と8月号ではあまり季節感に差は出づらいが、12月に発行される1月号だけは、たしかに新年の気分が満載なので、約束事とはいえ、やや早いかなという感じがする。

—————

その点、ネットのコンテンツはリアルタイムで季節感を出すことができる。

—————

などと書いているけれども、このブログの季節感の無さは昔からであり、明日も元旦らしくない内容になる予定です。