2018-03-14

読む

「将棋指しにしておくには惜しい人材」と言われた棋士

将棋マガジン1984年10月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  ある時、酒を飲みながらの雑談で、椎橋は将棋指しにしておくには惜しい人材だ、という話になった。ちょっと高級なクラブにいたので浮かんだ連想だろうが、彼はク...
タイトルとURLをコピーしました