2018-03-27

読む

棋士の目つき

将棋マガジン1984年10月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  私が後に兄弟子となる津村三段(当時)に会ったのは14歳の頃のことだが、その時の印象は今も鮮明である。  一人で道場へ行き、入口でもじもじしている...
タイトルとURLをコピーしました