剱持松二七段(当時)「それは記録が間違っている」

将棋世界2004年5月号、鈴木輝彦七段(当時)の「古くて新しいもの」より。

 剱持松二先生が現役だった50代の頃、「俺の生涯勝率は6割だ」と控え室で胸を張ったことがあった。よせばいいのに、若手の一人が3階で記録を調べてきて「先生、4割ですよ」と言った。しかし、先生少しもへこまず「それは記録が間違っている」と言った。これでなくては、C級1組で羽生さんをはじめとする昇級候補を負かせないと感心したものだ。現役も最後の頃に、竜王戦でアマと対したときも大勝して「俺を本気にさせたな」と言って学生のアマを震え上がらせていた。アマプロ戦もこれくらいの迫力が必要かもしれない。

(以下略)

* * * * *

剱持松二九段の同様の話は4月の記事でも出てきている。

「先生…負け越しておられます……」

前回と今回の違いは、

・時期
前回:各種統計が発表され始めた頃
今回:剱持松二九段が50代の頃

・剱持七段(当時)のアクション
前回:「君、僕は勝率が7割になるはずだよ」とクレームをつけた
今回:「俺の生涯勝率は6割だ」と控え室で胸を張った

・実際の記録を調べた人
前回:記録担当者
今回:当時の若手棋士

* * * * *

各種統計が発表され始めたのが、将棋世界で記録関連のページである「将棋パトロール」が始まった時期とすると、1980年8月頃。

剱持松二九段が50代の頃というと1984年以降。

* * * * *

少なくとも4年で、勝率は1割落ちてはいるけれども、剱持七段は「各種統計が発表され始めた頃の自身の通算勝率は7割」という考え方を貫き通していたということになる。

自信家で後輩の面倒見もよく将棋会館建設の際にも功績が大きかった剱持九段。

「それは記録が間違っている」

勝負師として必要な心意気と言えるだろう。

愛しきK七段(当時)

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2018年6月30日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

第89期ヒューリック杯棋聖戦第3局対局場「沼津倶楽部」

羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する棋聖戦、第3局は静岡県沼津市の「沼津倶楽部」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

沼津倶楽部」は、ミツワ石鹸二代目社長・三輪善兵衛(1871〜1939)の別荘として大正初めに建設された本格的な数寄屋造りの建物。建設された当時は、全室が茶室になっていたという。

第二次世界大戦中は帝国陸軍に接収され将校たちの静養所となったが、戦後は大蔵省の管轄に、そして1946年、当時の大蔵大臣の石橋湛山らが買収し、社団法人沼津倶楽部が設立される。

沼津倶楽部はその後、料理が好評だったため割烹料理店となるが、経営が立ちいかなくなり、空き家として放置されていた時期もあった。

そして、2006年、老朽化の進んだ建物を改修するとともに、建築家・渡辺明氏の設計による宿泊棟が増築され、会員制ゲストハウス沼津倶楽部として再興されている。

和館は歴史的な価値のある数奇屋建築で、国の有形文化財に登録されている。客室はわずか8室のみ。

〔沼津倶楽部の料理〕

沼津港直送の新鮮な魚介を中心に、四季折々の和食のコースを楽しむことができる。

昼食のコースは次の通り。

二階堂 5,500円
若葉コース 7,700円
春日コース 10,000円

〔沼津倶楽部での昼食実績〕

将棋棋士の食事とおやつのデータによると、沼津倶楽部での昼食実績は次の通り。

2013年棋聖戦
羽生善治棋聖…ビーフカレー ●
渡辺明竜王…ビーフカレー(甘口)◯

2014年棋聖戦
羽生善治棋聖…カレーライス ◯
森内俊之竜王…カレーライス ●

2015年棋聖戦
羽生善治棋聖…きつねうどん おにぎりセット ◯
豊島将之七段…天ぷらそば おにぎりセット ●

2016年棋聖戦
羽生善治棋聖…もりそば おにぎり(梅)●
永瀬拓矢六段…にぎり寿司(さび抜き)○

2017年棋聖戦
羽生善治棋聖…海鮮丼 ●
斎藤慎太郎七段…カツカレー ○

〔昼食予想〕

羽生善治棋聖は1局目がきつねうどん、2局目がそば御膳と麺類で、豊島将之八段は第1局が牛丼、第2局がうな重とご飯系で進行している。

第3局も同様の流れと予想したい。

予想は次の通り。

羽生善治棋聖…天ざる

豊島将之八段…ビーフカレー

 

「羽生さんは天才タイプだと思うけど、谷川さんはどうかな。僕にはどちらかというと秀才タイプに見える」「まったく逆ですよ」

将棋世界2003年8月号、池崎和記さんの「棋士たちの真情 すべてはタイトルのために 阿部隆七段」より。

 同じ関西に住んでいることもあって、阿部隆七段と話をする機会はけっこうある。昔からそうだが、彼はおしゃべりが好きで、特にギャハハハハと大笑しながら何時間でも話し続ける。ただしアルコールはあまり飲まないので、場所はたいてい喫茶店である。

 2月に竜王戦1組の阿部-谷川戦があり、そのときも感想戦が終わってから阿部に「お茶を飲みにいきましょう」と誘われた。勝負は午後9時前に終わり、谷川王位が勝った。感想戦が2時間あって、疲れた頭で3階の控え室にいったら、一緒におりてきた阿部が「お茶を」と言ったのだ。

「この時間にあいてる喫茶店はありませんよ」と私が言うと、「まあまあ、とりあえず出ましょう」と阿部。控え室には谷川王位もいたが、まさか「谷川さんも一緒に」とは言えない。それで二人だけで会館を出た。

 関西将棋会館のある福島駅界隈には朝方までやっている飲み屋が何軒もある。バーがあり、居酒屋があり、屋台がある。だから私は「飲み屋でいいでしょう」と言ったのだが阿部は聞かない。それどころか「梅田にいい喫茶店があるから、そこにいきましょう」と言う。

「えーっ。これから梅田にィ」

「うん、近いから歩いていきましょう」

”近い”といっても歩けば15分はかかるのだ。おまけに2月の深夜だからメチャクチャ寒い。ところが私が返事する間もなく、彼はもう、とことこ先を歩いている。それはないぜ、と思ったが、きょうはまあ仕方がない。彼は大勝負に負けて心がズタズタになっていたのだ。

 羽生竜王に挑戦した前期七番勝負は大熱戦で、フルセットまでいった。その直後の谷川王位との対局である。相手はもちろん強敵であるが、敗れた阿部のつらさは私にもよくわかる。相手がだれであれ、前期挑戦者が1回戦で負けたら格好がつかない―。少なくとも阿部はそう思っていたはずで、だからこの日の敗戦は相当にこたえたと思うのだ。

 こうして梅田の喫茶店に入ったが、将棋ライターにとって、こういう時間は貴重である。棋士の本音が聞けるからだ。

 阿部はもう落ち込んではいなかった。春に結婚を控えていて、披露宴の準備や新居のことなどをうれしそうに話してくれたが、そのうち、どういうわけか羽生善治と谷川浩司の名前が出て、そこから天才論になった。時間つぶしには悪くないテーマだが、ただし天才の定義はあいまいだから、この手の話をして意見が一致することはほとんどない。

 果たして、私が「羽生さんは天才タイプだと思うけど、谷川さんはどうかな。僕にはどちらかというと秀才タイプに見える」と言ったら、阿部はすかさず「まったく逆ですよ」と異議を唱えた。

「それって羽生さんのほうが努力家タイプだという意味?」

「そうです」

「ふーん。でも、そうかなァ」

「そうですよ。池崎さんは誤解してます」

 こういうのは言葉遊びみたいなところがあるから、どっちでもかまわないけど、ただ「羽生=秀才論」を聞くのは初めてだったので、ちょっと意外な感じはした。

 喫茶店には閉店までいた。阿部は終始明るくふるまっていたが、別れ際になると暗くなって、ポツリと「竜王戦で負けるのはきついです」と言った。心の痛みは消えていなかったようである。

(以下略)

* * * * *

天才は、人の努力では至らないレベルの才能を秘めた人物を指していると言われている。

秀才は、科挙の前段階で及第した者が「秀才」と呼ばれたことから、通常の人間より秀でた才能を持っている人物に対して使われているという。

たとえば、小学校低学年の3年間で小学・中学・高校の数学の課程を終え、数学の大学入試問題は全て満点に近い点数をとった場合は秀才、小学校低学年の時に数学の全く新しい定理を発見した場合が天才、ということになるのだろう。

* * * * *

とはいえ、大山康晴十五世名人は「天才と言われている間はまだまだ本物ではない」と言っている。

やはり凄い世界だ。

 

実力がありながら昇級が遅れていた棋士達が一斉に上がった年

将棋世界2004年5月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌スペシャル 第62期順位戦最終局」より。

 これで総てが終わった。全体を振り返ると、一つの現象に気が付く。

 それは、実力がありながら昇級が遅れていた人達が、いっせいに上がったこと。屋敷九段を代表格に、深浦八段、行方七段、堀口七段、山崎五段などで、まるで地殻変動が起こったかのようである。みんな谷川・羽生に大勝負で敗れているが、その壁を破ったとき、将棋界は新しい時代を迎える。今期の勢いを見ると、それも遠い日のことではないように思える。

* * * * *

このときの順位戦昇級棋士は次の通り。

〔B級1組→A級〕
深浦康市七段
高橋道雄九段

〔B級2組→B級1組〕
行方尚史六段
堀口一史座六段

〔C級1組→B級2組〕
屋敷伸之八段
野月浩貴五段

〔C級2組→C級1組〕
山崎隆之五段
宮田敦史四段
千葉幸生四段

実力がありながら昇級が遅れていた複数の棋士が同じタイミングで揃って昇級したのだから、時代に新しい風が吹いてきたと感じることができる瞬間だ。

* * * * *

実力がありながら昇級が遅れていたと言われていた棋士のそれぞれのクラスの期間は次の通り。

深浦九段は
C級2組 6期
C級1組 1期
B級2組 3期
B級1組 2期 ←2004年3月の時点

行方八段は
C級2組 5期
C級1組 2期
B級2組 3期 ←2004年3月の時点
B級1組 3期

屋敷九段は
C級2組 1期
C級1組 14期 ←2004年3月の時点
B級2組 4期
B級1組 3期

山崎八段は
C級2組 6期 ←2004年3月の時点
C級1組 2期
B級2組 2期
B級1組 10期

屋敷九段は奨励会三段リーグもC級2組も1期抜け。最年少でタイトルも獲得したのにC級1組が14期。

屋敷伸之八段(当時)がC級1組からB級2組へなかなか上がれなかったことは「将棋界の七不思議」の一つとされていたという。

深浦九段も行方八段も山崎八段もC級2組で苦労したのが共通点。

山崎八段のA級昇級は多くのファンが心待ちにしていることだろう。