2018-06

読む

剱持松二七段(当時)「それは記録が間違っている」

将棋世界2004年5月号、鈴木輝彦七段(当時)の「古くて新しいもの」より。  剱持松二先生が現役だった50代の頃、「俺の生涯勝率は6割だ」と控え室で胸を張ったことがあった。よせばいいのに、若手の一人が3階で記録を調べてきて「先生、4割です...
将棋関連書籍Amazon売上TOP10

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2018年6月30日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。
タイトル戦の食事

第89期ヒューリック杯棋聖戦第3局対局場「沼津倶楽部」

羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する棋聖戦、第3局は静岡県沼津市の「沼津倶楽部」で行われる。 →中継 →AbemaTV将棋チャンネル →ニコニコ生放送 「沼津倶楽部」は、ミツワ石鹸二代目社長・三輪善兵衛(1871〜1939)...
読む

「羽生さんは天才タイプだと思うけど、谷川さんはどうかな。僕にはどちらかというと秀才タイプに見える」「まったく逆ですよ」

将棋世界2003年8月号、池崎和記さんの「棋士たちの真情 すべてはタイトルのために 阿部隆七段」より。  同じ関西に住んでいることもあって、阿部隆七段と話をする機会はけっこうある。昔からそうだが、彼はおしゃべりが好きで、特にギャハハハハと...
読む

実力がありながら昇級が遅れていた棋士達が一斉に上がった年

将棋世界2004年5月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌スペシャル 第62期順位戦最終局」より。  これで総てが終わった。全体を振り返ると、一つの現象に気が付く。  それは、実力がありながら昇級が遅れていた人達が、いっせいに上...
タイトルとURLをコピーしました