2018-05

読む

板谷進八段(当時)「ただ将棋が好きで、将棋に関わるすべてのことが好きで動いている」

将棋マガジン1985年10月号、米長邦雄十段(当時)の「本音を言っちゃうぞ! 最終回 熱血漢 板谷進八段」より。 米長 板谷君は俺と同期生でね。四段は俺より半年早かったんだ。当時は予備クラスといって、前期に板谷君が抜けて後期、俺が抜けて、...
読む

「勝負師がすぐれた理論を持つのは、かえって弱みになるのではないかと思います」

将棋マガジン1984年10月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  本誌9月号米長邦雄十段の、「本音を言っちゃうぞ!」はおもしろかった。 「彼氏(芹沢)は、勉強とか蓄財ということが人間を大きくさせる、成長させるの...
読む

芹沢博文九段からの歯に衣着せぬコメント

昨日の続き。 将棋マガジン1985年9月号、米長邦雄十段(当時)の「本音を言っちゃうぞ! 第13回 芹沢博文九段」より。  方向転換したのちの彼は何をしたか。彼氏は、あり余る才能を生かしてまず、国技館を借り切って将棋の日というものの...
タイトル戦の食事

第76期名人戦第5局対局場「亀岳林 万松寺」

佐藤天彦名人に羽生善治竜王が挑戦する名人戦、第5局は名古屋市の「亀岳林 万松寺」で行われる。 〔中継〕 →AbemaTV将棋チャンネル →ニコニコ生放送 →名人戦棋譜速報(有料) 「亀岳林 万松寺」は、1540年に織田信長...
読む

破滅型の天才棋士

将棋マガジン1985年9月号、米長邦雄十段(当時)の「本音を言っちゃうぞ! 第13回 芹沢博文九段」より。 米長 芹沢はくぶんはね、沼津出身の元、天才(笑)。将来を嘱望されてね、高柳敏夫先生も内弟子にとった当時は、いい弟子に恵まれた、よき...
タイトルとURLをコピーしました