内藤國雄九段「一つだけ観戦記者に注文がある。それは棋士について棋風だけではなく、気風の方もしっかりつかんでほしいということである」

将棋世界1988年4月号、内藤國雄九段の「自在流スラスラ上達塾」より。

 将棋ペンクラブが今話題である。

 観戦記者の地位向上を図るのが目的であるとか。

 私は、ある意味では対局者より観戦記者の役割の方が重大だと思っている。棋譜のところをとばして読むファンの方が、はるかに多いからである。

 ただそうはいっても、勝因敗因くらいははっきり書いておかないと観戦記がしまらない。

 対局者に記者が必要以上に気を遣うのも、その辺の(局後に分かりやすく感想を言ってもらう)ところに理由があると思われる。

 実は私も感想戦を行わず、終わればすぐに帰ることがある。これは棋譜が新聞に出ない時だけである。

 棋譜を掲載するために記者が退屈なのをがまんして待っているのに、感想を言わずに帰るというのは、仕事を途中で放り出したのとあまり変わらない。

 いずれにしろ棋譜だけでは売り物にならないのだから、対局者は謙虚であるべきだと思う。

 一つだけ観戦記者に注文がある。

 それは棋士について棋風だけではなく、気風の方もしっかりつかんでほしいということである。

 たとえば局後の感想戦においても、サービス精神のない者は自分の気になるところだけ検討してさっさと引きあげてしまう。

 逆に脱線してしまっている局面から延々と指し手を続けて、記者を辟易させる。

 私としては、記者の立場が分からぬでもないから、気分のいい時はできるだけ書きやすいようにポイントをしぼってしゃべる。

 勝った時は自然にそうなるが、同時に戦った相手を労る気持ちになってくる。

「ちょっと苦しいかな」という局面を「うまく指されて、ここでは負けだと思っていた」という。

 これが記者によっては、そのまま受け取られて、内藤が大逆転とか、命拾いの一局、と書かれてしまう。

 ちょっと待ってくれ、といいたくなるのである。

 一方強気一辺倒の人は、勝てば圧勝、負ければ必勝局を落とすということになる。余程無茶に指さないかぎり、一局中1回や2回は、有望な場面が生じるものである。

 記者に、各棋士の棋風だけでなく、性格、人間性、サービス精神の有無といったものをつかんでほしいというのは、そういうところにある。

(以下略)

* * * * *

阿吽の呼吸というべきか。

一朝一夕にはいかないものの、この辺の機微をつかむのも、観戦記者のミッション。

棋士の棋風および気風が千差万別であればあるほど、面白い世界が繰り広げられるということになる。

 

「この観戦記は対局者としては不満である」

観戦記を書く者として、自分自身への戒めも込めて。

将棋世界1987年12月号、内藤國雄九段の「自在流スラスラ上達塾」より。

 昔は新聞将棋の切り抜きを毎日欠かさずにされている人が多かった。

 中には全棋戦の切り抜きをする(勿論そのために沢山の新聞を購入する)プロ顔負けの熱心な人も少なくなかった。

 今は、そういう統計があるわけではないが切り抜きに精出す人はうんと減ってしまったのではないかという気がしてならない。

 情報は豊富になると有難味が薄れる。

 専門誌が増えたほか、テレビ、週刊新聞将棋、一般週刊誌の中野将棋記事等至る所に将棋情報がある。

「この頃は新聞を切り抜く時の胸のわくわくするような楽しみが薄くなりましたね」という声をよく耳にする。

 とはいえ毎朝掲載される新聞将棋には他には得られない独特の持ち味がある。

(中略)

 新聞の観戦記は、将棋を全くご存知ない方も意外と読んでいる。ご婦人の読者があるのもこの事を物語っている。

 そういう方は情景描写や対局風景の文章を楽しみ、戦いの内容や指し手のことは漠然と想像する。将棋を知らないという事が、かえって想像を自由にし活発にするという事もあるようである。

 色々な楽しみ方があるわけだが、私としては本誌の読者には対局者のつもりになって読むという事をお奨めしたい。これが読む楽しみを倍増させるし棋力向上にも役立つと思うからである。

 次に私の切り抜き帳から幾つか取材してみたい。

1図以下の指し手
△4四歩▲6四角△7三桂▲5五角
(2図)

 観戦記「(内藤の)▲5五角は一種の勝負手であることに違いない。△4四角と合わせるのは▲6四角でうるさいし△3三桂でも▲6四角で困る」

 この観戦記は対局者としては不満である。

 書いてほしいと思う事が書かれていなくて書いてはいけない事が書かれている。

 いけない事というのは△4四角に▲6四角がうるさいという所である。

”うるさい”とか”一局の将棋である”という表現は解説する方としてはまことに便利な言葉であるが、これは一種の逃げ口上であるからだ。

 この場合も”うるさい”と言われると何となくそんなものかという気にさせられるが具体的に読んでみると、はっきり間違っているという事がわかる。

 即ち1図以下△4四角▲6四角△2六角▲8二角成△同金▲6二飛△5二飛。これは先手角損で敗勢になっているといってよい。

 1図に戻って、対局者(先手番)のつもりで局面を見てほしい。▲5五角の所では▲7五歩△6三銀▲8六飛という風にもっていきたいとは思わないだろうか。

 それが私の前から描いていた構想であったが、いざとなってそれには落とし穴があることに気がついた。即ち1図で▲5五角の代わりに▲7五歩と打つと、以下△同銀▲7六歩△4四角▲5六飛△8六銀(参考1図)。

 △7五同銀と強く応じる手が△4四角のおかげで成立する。参考1図で▲同金は△7七角成で先手非勢に陥る。

 もし△4四角と打てなくすれば▲7五歩と叩く筋が成立する。▲5五角(1図)はその読みに立ったもので△4四角と合わせてくれれば▲同角△同歩で△4四角の筋が消える。

 当事者としてはその辺のアヤを書いてほしかった。少し棋力のある人なら▲5五角にどうして△4四角と打たないのだろうと不審に思われたに違いない。

(以下略)

* * * * *

「(内藤の)▲5五角は一種の勝負手であることに違いない。△4四角と合わせるのは▲6四角でうるさいし△3三桂でも▲6四角で困る」

これは確認不足というか、正しくない解説になってしまっている。

自分で(この変化はこうなのかな)と思っても、それが間違っていないかどうか、指した棋士に確認をするべきだと思う。

指した手の真意が正しく伝えられてなく、なおかつ狙ってはいない不利になる変化が書かれているのだから、どのような温厚な棋士でも、ムッとするはず。

「この観戦記は対局者としては不満である」と、穏やかな表現になっているが、本音としては、もっと厳しい言葉を使いたかったのではないだろうか。