2019-08-07

読む

村山聖五段(当時)の19時間50分にわたる死闘

将棋世界1988年8月号、「第47期順位戦」より。  C級1組。初戦はまず、昇級候補にあげられている者たちが順調に白星発進。これを神谷、泉、村山が追いかけるという開幕前からの予想通りの展開となったが、この順当なスタートの中にもドラマはあっ...
タイトルとURLをコピーしました