2019年を振り返る(多く読まれた記事)

2019年、トップページ以外で多く読まれた記事TOP50。

  1. 羽生善治五段(当時)「大学には、たぶん行ってないでしょう。5年後の目標はA級八段です。タイトルは、取れればいいけど、そううまくいかないかもしれません」
  2. 「もう投げるから羽生君を呼んできてよ」
  3. 「皆の頭に浮かぶ人物、口には出さねど”あの男”。そう、他に誰がいるというのか」……神と呼ばれた伝説の匿名ネット棋士
  4. 米長邦雄王将(当時)「先崎は、アイツはもう破門にしようかと思っていたんだが、オレと一緒に脱いだんでやめにしたよ」
  5. 羽生善治五段(当時)の「将棋史上に残る一手」
  6. 「羽生君は、このクラスを免除して、上に行ってもらうべきでしょう」
  7. 羽生善治五段(当時)「申し訳ないなあ、これじゃ先が思いやられるなあという気持ちです」
  8. 谷川浩司名人(当時)「シロウトさんをいじめて、どないしまんのや」
  9. 「棋士が続々天童へつめかける。羽生の骨を拾ってやる、と言うのが先崎五段らだ」
  10. 「先崎君、この間、中原名人のボトルを飲んで”大山が飲みました”ってマジックで書いたのよ」
  11. 谷川浩司名人(当時)「脇さんの歌を聞いても二人の仲が壊れなかったのだから、今後の夫婦生活もきっとうまく行くと思います」
  12. 村山聖四段(当時)「オッまだ残っていたか、顔がニヤけてきて押さえるのに大変でした」
  13. 昔から奨励会内で語りつがれてきた嘘のような本当の話
  14. 「性格は将棋同様温厚かつ真面目で皆に好かれている。しかし、その童顔からは想像もつかないようなオジンクサイ話し方が数少ない欠点の一つか」
  15. 森内俊之四段(当時)「羽生君はついているんだから、たまには負けた方がいいですよ。あんまり勝つと嫌われますよ(笑)」
  16. 中原誠名人に圧勝した羽生善治四段(当時)
  17. 羽生善治竜王(当時)「今、将棋界で一番横歩取りを知っているのは誰かと聞かれたら、僕はためらわず『中川大輔』と答えるだろう」
  18. 谷川浩司名人(当時)「みんな”先輩を立てる”とか何とか言っておきながら、ひどいですよねェ」
  19. 「羽生は、勝負のオニだ」
  20. 谷川浩司九段の歯に衣着せぬ棋譜解説
  21. 羽生善治新竜王「竜王になって大変なことになりました。重さに耐えられるかどうか…」
  22. 谷川浩司名人(当時)「どうも性格で、このような派手な手を発見すると、どうしても盤上に表したくなるのである」
  23. 米長邦雄九段「この手は第一感、無理である。なぜならば後手が手堅く手堅く、先手からの攻めを封じようとしているところを、何が何でもつぶそうという、その精神が良くない。▲3五歩は悪手である」
  24. 羽生善治五段(当時)「遂にここまで来た。棋王戦、棋聖戦では準決勝で負けて悔しい思いをしたので、そんな感じだ。僕にとっては初めての挑戦者決定戦」
  25. 先崎学四段(当時)「森内にとっての羽生は、昔は太陽であった。この世界、四段と初段は社長とヒラの様なものである。あまりの輝きと口惜しさでとても直視できない」
  26. 大山康晴十五世名人「ただ、今、七つのタイトルを六人で分け合っていますよね。これは、おもしろいかもしれんけれど、あまり好ましい傾向ではないと思いますよ」
  27. 谷川浩司王位(当時)「ひどい将棋を指して、申し訳ありません。それ、詰まないんです」
  28. 羽生善治五段(当時)「防戦一方で諦めの悪い僕もさすがに負けを覚悟しました」
  29. 二上達也九段「羽生将棋の分析を編集部から依頼され何気なく引き受けたものの、よく考えれば分かっちゃいないことを書かねばならないのだから無茶なはなしだ」
  30. 「彼は強いですね。5年後ぐらいには八段になりますかね」「甘いです。タイトルをとる棋士になるでしょう」
  31. 大山康晴十五世名人「それは簡単ですよ。いま直ぐやめなさい」
  32. 「村山君が詰まない、と言っています」
  33. 二上達也九段「羽生君に訊くと、テレビも見ない、マンガ雑誌も読まない。トイレに入るにも将棋の本を持って入る……これで強くならなきゃ、おかしい(笑)」
  34. 升田幸三実力制第四代名人「おっと、こんなこと教えちゃいかん。今ので実力四段が五段になってしまう」
  35. 羽生善治四段(当時)の「タイトルホルダーに挑戦」
  36. 羽生善治竜王(当時)「あの新鮮な気分は失われてしまったような気がする」
  37. 「大盤解説の会場をのぞくと、いつもの七分くらいしかお客さんがいない」
  38. 森内俊之四段(当時)「新四段の奢りでしょ」
  39. 先崎学八段(当時)「すべてはふたりが変えたのだ。あの時から将棋界は変わっていったのだった」
  40. 「羽生が気持ちよさそうに将棋を調べている。満点の答案をさっさと出して、校庭で遊んでいるようなものだ」
  41. 「羽生四段のほうは、秀才タイプにありがちな老け顔といっていい。それにくらべると、森内四段は、まだ腕白小僧の面影を残している」
  42. 村山聖五段(当時)「この一局だけは勝ちたかった」
  43. 谷川浩司名人(当時)「我ながらエキサイトしやすい性格なんだと思いました。かなりあつくなっているのが自分でも分かりましたからね」
  44. 林葉直子女流名人(当時)「奨励会旅行に参加して」
  45. 浦野真彦六段(当時)「今期、羽生、村山と当たっていた私はまず2敗は計算していた」
  46. 村山聖新四段(当時)「僕の師匠の森信雄先生は世界一の師匠だと思っています」
  47. 羽生善治前竜王(当時)「最近、若手棋士がグループでスキーに行ったりしています」
  48. 50年前は珍しくなかった棋士同士の喧嘩
  49. 「彼が名人になるのはむずかしいんちゃうか、正直いってそう思ってます。とはいえ、私が名人になる可能性よりは強いでしょう(笑)」
  50. 村山聖四段(当時)「親以上ですから」

 

それでは皆様、よいお年を。

 

谷川浩司竜王(当時)「中原名人の前では……」

将棋世界1991年2月号のグラビア「第4回駒音コンサート」より。撮影は炬口勝弘さん。

 12月11日、東京虎ノ門のイイノホールで第4回駒音コンサートが行われた。今までは、オーケストラをバックに棋士達が自慢のノドを競い合うという趣向であったが、我が将棋連盟はそれではあきたらずに、とうとうオーケストラのタクトを振るという暴挙!?に出たのである。振ったのは棋界でも有名なクラシック通 中原名人と青野八段。もっとも、どんな棒にもピタリとついていくプロの凄さを再認識させたという噂もありましたが…。とはいえ、年に一日の歩と譜の祭典、何とも楽しい一日でした。

* * * * *

場内からブラボーの嵐。プロも本気で絶賛した佐藤のバイオリン

* * * * *

林葉、中井コンビは「待つわ」をデュエット、何を?

* * * * *

「おゆき」で挑んだ石田、いつでもどこでも爆笑の渦

* * * * *

繊細な指先にタクトがよく似合う。写真で見る分には、本物の指揮者みたいな中原

* * * * *

後半疲れて、乱れてしまった青野。しかし、実に気持ち良さそうな表情だ

* * * * *

谷川の選んだ曲は浜田省吾の「もうひとつの土曜日」。楽団側の大将、山本直純さんから「もうひとつのタイトルでは」とツッコまれ「中原名人の前では……」の答えに場内大爆笑となった

* * * * *

新曲「ああ雪列車~浪花ふたりづれ」を披露した内藤、美しい歌声に観客は酔いしれた

* * * * *

一番上の写真は、最近の佐藤康光九段の写真だと言われても信じてしまいそう。

* * * * *

オーケストラの指揮者は燕尾服あるいはタキシードが定番なので、スーツにネクタイの姿は、微妙な違和感があって、なかなか新鮮な感じがする。

* * * * *

谷川浩司竜王(当時)の「中原名人の前では……」が絶妙だ。

* * * * *

今日は「紅白歌合戦」がある日。

裏番組に「棋界歌合戦」、元日は「棋士格付けチェック」のような番組があっても面白いと思う。