2020-02-26

読む

高橋道雄九段「こうして、今期の無念と次期への希望を胸に、その人、その人にとっての竜王戦が終わっていく」

将棋マガジン1991年12月号、高橋道雄九段の「第4期竜王戦に向けて 森下、影に挑む」より。  9月20日、午後9時38分。  森下六段の指がしなやかに舞い、角を放つ。  その手を待っていたかの如く、小林五段投了。  館...
タイトルとURLをコピーしました