2020-02-28

読む

「あの人達は黙っているのが一番得意なの」

将棋マガジン1991年12月号、鈴木輝彦七段(当時)の「つれづれ随想録」より。 「黙らせたら日本一」というのが将棋界で、感情を悟らせない事にかけては大変な集団である。  ある時、林葉女流名人の友達数人の女子大生が若手棋士と会ったが、...
戦法

真部流「大河戦法」

将棋マガジン1991年12月号、鈴木輝彦七段(当時)の「つれづれ随想録」より。 「何を考えているのか判らなくて思わず長考してしまいました」と局後に言うと、 「考えても判らないと思うよ、何も考えていないのだから」と真部さんに言...
タイトルとURLをコピーしました