2020-02-24

読む

大山康晴十五世名人の、意味がすぐには理解できない振り飛車らしい一手

将棋マガジン1991年11月号、「公式棋戦の動き」より。 勝ち抜き戦  青野八段を破って5人抜きを果たした森内五段は、続く淡路八段、大山十五世名人と相対した。  7人目の対大山戦は、大山の中飛車に、森内は居飛車穴熊を用いた。 ...
随筆

「丁稚の将棋 旦那の碁」

将棋世界1991年11月号、スポーツライターの玉木正之さんのエッセイ「丁稚の将棋 旦那の碁」より。  わたしは将棋が大好きである。  下手の横好き、振り飛車一本槍という程度の実力であるうえに、最近は盤に向かうことすらまったくといって...
タイトルとURLをコピーしました