2020-08

随筆

「あの人たち、よっぽど将棋が好きなのねえ」

将棋世界1994年9月号、東公平さんの「シナモノエッセイ 窓」より。  対局室の窓とくれば真っ先に思い出す昔話。「九段戦」で大山康晴名人と原田泰夫八段の対局が湯河原の「桃山」という、お座敷てんぷらで有名な宿で行われた。記録係は私。2階で対...
絶妙手

杉本昌隆四段(当時)の魔法のような振り飛車の捌き

将棋世界1994年9月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 in 関西将棋会館」より。  7月21日に行われた全日プロから一局紹介しよう。有吉九段-杉本四段の対戦となったが、この二人の対局となると予想されるのが、四間飛車-居飛穴。どち...
将棋関連書籍Amazon売上TOP10

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2020年8月22日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。
読む

杉本昌隆四段(当時)「ところでこれ何て書いてあるんだろ」

将棋マガジン1994年9月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。 ☆喫茶店 タマ「あ、将棋のテレビゲームがある!!やってみよ」 杉本四段「え、やるんですか?」 タマ「ウン、私、知らんかったかも知れんけど将棋初段...
随筆

「勝負が終わるころ、ツクツクボウシが鳴く。ちょっぴり寂しい夏の挽歌だ」

将棋世界1994年9月号、中平邦彦さんの巻頭随筆「蟬は鳴く」より。 いづことしなく しいしいとせみの啼きけり はや蟬頃となりしか           (室生犀星)  セミが鳴いている。  いま鳴いておかねば、もう鳴くとき...
タイトルとURLをコピーしました