栴檀は双葉より芳し(2)

再び、寝る前に読んでいる5~10年前の将棋世界や近代将棋から。

1999年近代将棋3月号、モノクログラビア。

「第2回お正月南房総小学生将棋大会」

Aクラス

優勝 渡辺愛生→現・奨励会三段

準優勝 中村真梨花

3位 鈴木環那

中村真梨花女流二段と鈴木環那女流初段は同学年で、この頃小学5年生で育成会員。

鈴木環那女流初段は原田泰夫九段門下。

当時、原田九段は

「千葉から将棋を指しに来る熱心な可愛い子がいるんですよ」

と嬉しそうに語っていた。

===

2000年近代将棋2月号、モノクログラビア。

「賞品ドッサリの第9回無級名人戦」

B級優勝 熊倉紫野

熊倉紫野女流初段は、このとき小学5年生。笑顔の写真。基本的な雰囲気は現在とあまり変わっていないと思う。

ところで、この無級名人戦と同時に行われていた第2回ペア将棋大会に私は参加している。写真に少しだけ写っていたので思い出した。ペア将棋ははじめてだったが、とても楽しかった。

そのペア将棋のA級で準優勝したチームの女性が、後に屋敷伸之九段の奥様となる方だ。

リアルタイムで何気なく読んだ記事が、今見ると興味深いものに変わっているというケースが結構多い。

栴檀は双葉より芳し(1)

寝る前に読んでいる5~10年前の将棋世界や近代将棋から。

現在、大活躍している笠井友貴女流アマ名人や成田弥穂女子アマ王位は、6年前も大活躍していたという記事。

===

2003年近代将棋11月号「心を燃やせジュニアたちの熱い夏2003」より

○第2回小学生倉敷王将戦低学年の部(参加44名)

優勝 佐々木勇気(小学3年)→現・奨励会三段

3位  成田弥穂(小学3年)→現・女子アマ王位

○第33回松坂屋こども大会小学生低学年の部(参加85名)

優勝 佐々木勇気(小学3年)

5位  成田弥穂(小学3年)

○第39回高校選手権女子個人戦

優勝 笠井友貴→現・女流アマ名人

○平成15年度西日本学生女流名人戦

2位 「のぺのげ」のKeyさん

===

昨日、マイナビ女子オープン予選組み合わせが決まったが、笠井友貴女流アマ名人、小野ゆかりアマ女王、成田弥穂女子アマ王位は、誰が本戦に出ても不思議ではないと思う。ぜひ旋風を巻き起こしてほしい。

ところで、「杜の都 加部道場」の掲示板をみると、成田弥穂女子アマ王位は、アマ名人戦宮城県大会で3位と絶好調。