2009-07-24

将棋雑文

大山流超激辛の一手

比較的最近の、将棋世界2007年8月号での驚いた記事。 故・真部一男九段の「将棋論考」より。 先手が大山康晴名人、後手が二上達也八段。(1960年代の対局と思われる) 剣豪小説を多く書いていた作家の五味康祐氏の、別...
タイトルとURLをコピーしました