第21回将棋ペンクラブ大賞最終選考経過

将棋ペンクラブ大賞(第21回)最終選考経過の概略です。

ここでは最終選考委員の討議の結果を極めて簡略に記していますので、詳細な選考過程・討議内容については、9月発行の将棋ペンクラブ会報秋号をご覧ください。

○観戦記部門

木村晋介氏、川北亮司氏、西上心太氏とも一押しが後藤元気さん。

また、川北氏、西上氏とも二押しが大川慎太郎さん。

討議の結果、大賞:後藤さん、優秀賞:大川さん

○文芸部門

「機会の窓を活かした若き竜王」

木村氏…優と良の間

川北氏…優と良の間

西上氏…優

梅田望夫さんの「シリコンバレーから将棋を観る」(本年4月の発行なので来年度の選考対象作品)との関連も話し合われましたが、本作品は本作品だけで今回評価することとなりました。

「広島の親分」

木村氏…良

川北氏…良

西上氏…優

討議の結果、優秀賞:梅田さん、優秀賞:広島の親分

○技術部門

最終選考委員三氏とも、一押しが「イメージと読みの将棋観」 

討議の結果、大賞:「イメージと読みの将棋観」

○話題賞

渡辺(伊奈)めぐみさんのブログ「妻の小言」

最終選考委員三氏共通…とにかく面白い、可笑しい

木村氏…文章と文章の間(ま)がいい。才能感じる

川北氏…ツッコミのセンスが絶妙

西上氏…無駄な文章を省いた「省略」のセンスが素晴らしい

タイトルとURLをコピーしました