女子将棋の日

私は、次に生まれることがあったとしたら、また男として生まれたいと思っている。

そのような私がみても、女性として生まれてくれば良かったかなと一瞬思わせるイベントが、5月29日(日)に開催される「女子将棋の日制定記念 みんなハッピー!LPSA将棋パーク」だ。

LPSAにより制定された『女子将棋の日』は、LPSAの設立記念日にあたる毎年5月30日だが、イベントは日曜日の5月29日に行われる。

—–

≪イベント概要≫

■ 名称 『女子将棋の日制定記念 みんなハッピー!LPSA将棋パーク』

■ 日時  2011年5月29日(日) 11:00~17:00 

■ 会場  建築会館 <東京都港区芝5-26-20>

■ 参加費 入場無料(ただし、指導対局など一部有料)

—– 

内容は次の通り。

 

女性なら誰でも参加できる「女子将棋の日制定記念将棋大会」

 

・クラス A:有段者クラス B:級位者クラス C:初心者クラス

・参加費無料&参加賞付き

・A・Bクラスはトーナメント優勝・準優勝・3位、セカンドトーナメント優勝・準優勝に賞品あり。   Cクラスは成績優秀者に賞品あり。

・事前申し込み制

女流棋士による「しょうぎってなあに?」超初心者講座

将棋の歴史や遊び方を、中倉姉妹が楽しくレクチャー。

時間 11:30~12:15

担当棋士:中倉宏美二段・中倉彰子初段

女流プロ棋士チャリティー指導対局(定員20名、希望者多数の場合は抽選)

1局千円以上。指導対局料は全額東日本大震災の義援金となる。

トークコーナー 『日本を元気に!女性が元気に!好きなことやってみよう!』 

こんなときだからこそ「夢中になれること」「夢を見つける・夢を持つこと」の大切さを語る。 

13:00~ 出演:中井広恵六段ほか

 

特選席上対局 女子将棋の日制定を記念するレジェンド対決!

蛸島彰子五段(女流棋士第一号・初代女流名人)-山下カズ子五段(二代女流名人)

解説:石橋幸緒四段、多田佳子四段ほか

時間 14:00~

チャリティーぐるぐる将棋対局

複数のLPSA女流棋士による、ぐるぐる指導対局。

参加料:500円以上

指導対局料は全額東日本大震災の義援金となる。

・勝利者賞あり

—–

体験ブース 13:00~15:00

3ブース以上クリアで「お楽しみ抽選会」に参加できるスタンプラリー。

世界でひとつだけ!「My駒My扇子づくり」

まっさらの駒と扇子を好きなようにアレンジしてオリジナルグッズを作れる。

参加費:駒は無料、扇子のみ500円

担当:鹿野圭生二段、松尾香織初段

あなたもプロ棋士!「手つきコンテスト」

「手つき」の美しさを女流棋士が認定。

担当:船戸陽子二段、島井咲緒里初段

ペア将棋体験コーナー

男性が参加できるとすれば、このコーナーか? 

どうぶつしょうぎ教室

担当:大庭美樹初段、大庭美夏1級

みんなでチャレンジ!「駒積み競争」

40枚、駒を積む。全員に認定証、タイム上位者には賞品あり。

担当:藤森奈津子四段、神田真由美二段

—–

上記の体験ブースで、3ブース以上クリアすると「お楽しみ抽選会」に参加できる。

お楽しみ抽選会 15:30~

巨人戦ペアチケットなど豪華賞品が当たる。

進行:藤森奈津子四段、神田真由美二段、船戸陽子二段、島井咲緒里初段ほか

—–

スペシャルゲストは、漫画家でタレントの山咲トオルさん。

代表作は「戦慄!!タコ少女」で血液型はAB型。

オネエ言葉を使うということなので、面白い会話が期待できる。

—–

LPSAでは、低年齢層の女の子を対象とした「GSP(ガールズ・ショウギ・プロジェクト)」と、大人の女性を対象とした「LPSAスタイル」のふたつのプロジェクトを柱に、様々な大会やイベントを開催し、女性への将棋の普及に努めてきた。

今回の「LPSA将棋パーク」は、ルールや駒の動かし方もわからない大人も子供も、将棋が大好きな人も、誰もがふらっと立ち寄り、将棋の楽しさに触れることのできる場という位置づけ。

将棋と関わりの薄かった女性や子供たちを主要なターゲットとしており、毎年継続してほしいイベントだ。

LPSA将棋パーク

コメントを残す