「おい、有段者、俺に酌しろ」

豊川孝弘七段の奨励会時代。

将棋マガジン1990年2月号、「三段リーグ and 奨励会ニュース」より。駒野茂さんによる記事。

「ハア~。おかしいんじゃないの、今日2連勝してベラベラ舌が回ってますけど」

「そんなことないっすよ。これで小牧選手とは5勝5敗ですね」

「ちみは?(意味は)6勝6敗ですけど。今日やる前までは6勝5敗で私の方が一つ勝ち越してましたけど」

「いえ! 5勝5敗です」

 例会後、2人を含めた数人で飲み屋に行った時の小牧、豊川の会話だ。

 小牧(1981年12月入会)

 豊川(1982年11月入会)

 奨励会入会は小牧の方が一年先輩。豊川が入会した時には、小牧は3級だった。

 豊川にとって、中学生名人戦で戦って、苦い思い出のある小川浩一第6代中学生名人(現準棋士二段)と小牧は一つの目標であり、彼らに追いつき追い越せが豊川の強い思いだった。

 そして順調に昇級を重ねた豊川は、目標である小牧に追いつく。1級でである。

 プロ棋士を目指す者にとって2つの関門がある。一つは初段(入品という)、もう一つは四段だ。2人はこの内の一つ、初段の壁を越える激しいレースを繰り広げる。

 小牧は常に好成績でいつも上がり目を持って例会を迎えていた。

 逆に豊川は波のある成績で星に安定さはない。しかし、瞬発力は鋭く、一気に昇段を果たす。急所で勝てない小牧は、ついに豊川に抜かれてしまう。抜かれる訳はない、と思っていた小牧は落胆する。が、反面、豊川に対いする対抗意識は、この時からむき出しになる。

 ある会に2人が招待された時だ。そこで色々な人に酒をすすめられる両名。

「豊川君、昇段おめでとう。まあまあ一杯」と、こう言われて酒を注がれる豊川。もちろん上機嫌。

 この光景を隣で見ていた小牧の飲み方が荒くなる。小牧は酒を飲んで、耳たぶが赤くなると危険信号だ。この時、小牧の耳たぶはウルトラマンのカラータイマーのように赤く点滅していた。そして、

「おい、有段者、俺に酌しろ」と豊川に言う。

 抑えきれない感情が、言葉に表れる。この日、酩酊した小牧は大荒れに荒れた。彼にとって、初めて味わう悔しさだったのかも知れない。

 豊川が先に昇段して小牧が追いかける。これが二人のレース展開だ。

 同時期に三段になり、今2人は2つ目の壁を越えようとしている。

 三段になって初めて対戦した今期のリーグ7戦目。なんと2回千日手指し直しになったのだ。2人の”負けたくない”の気持ちが強く表れたのだろう。

 冒頭での会話も2人の強い対抗意識からのものだ。常に相手より上にいたい、自分の記憶は正しい、対戦成績でも勝っていたい、と。平素は紳士的な2人だが、こと将棋となると目つきが変わる。

 でも、これがいいのだ。こうした気持ちがあるから互いが成長する。互いがあって自分があるのではないか。

—–

二つの酒席での光景、目に浮かぶようだ。

周りがハラハラするようなやりとりだが、勝負師同士が思ったことをそのまま口にしたら、このようなやりとりになるのだろう。

テレビドラマには出てこないような生々しいシーン。

逆の意味で、ドラマだと思う。

—–

この時の三段リーグの主なメンバーは次の通り(三段リーグは22名)。

2位 丸山忠久(19)

3位 郷田真隆(18)

4位 北島忠雄(23)

5位 深浦康市(17)

6位 平藤真吾(26)

10位 佐藤秀司(22)

12位 杉本昌隆(21)

16位 伊藤能(27)

20位 豊川孝弘(22)

22位 小牧毅(23)

ここから、

1990年3月、丸山・郷田

1990年9月、佐藤(秀)・杉本

1991年3月、藤井・平藤

1991年9月、豊川・深浦

と、四段に昇段していく。

—–

小牧毅三段は、退会後、アマとして朝日オープンにも出場している。

< 第23回朝日オープン将棋選手権予選第7局 > ▲屋敷伸之 九段 対 △小牧毅 アマ

—–

「「おい、有段者、俺に酌しろ」」への2件のフィードバック

  1. 「ボクがこのまま四段に上がれなかったら、ボクの将棋は誰にも見てもらえなくなっちゃうんですね」
     天才先崎、絶好調郷田。奨励会入りしたばかりのころより専門家筋から超大物と目されていた郷田流が、奨励会三段リーグにいたころ、道を歩いていてそばにいる誰にともなくポツリと言った言葉です。
     郷田流が四段になるのは時間の問題である、と私めは思っていましたから、この言葉には、「はっ? なに言ってるの?」と、即座に返そうとしたのですが、そのときの郷田流の表情をチラッと見た私めの口は、一瞬でこわばってしまいました。
     そのまま何事もなかったかのように歩き続けて着いたところは当初の予定通り新宿の雀荘でありまして、卓につけばもう相手が誰であろうが情け容赦なく戦うほかはありません。戦う相手の人生の重みを胸にずしりと感じながら時を共有して打つマージャンもまたなかなかのものでありました。

  2. きたろうさん
    郷田九段をますます好きになってしまいそうなエピソードですね。

コメントを残す