谷川浩司名人(当時)の隣に座った受験生の少女

「彼とは何れタイトル戦で戦うことになる」と感じた谷川浩司名人(当時)。

その彼である羽生善治竜王(当時)との真っ向勝負が行われることになる。

この時、谷川名人27歳、羽生竜王19歳。

将棋マガジン1990年5月号、谷川浩司名人による全日本プロトーナメント決勝三番勝負第1局自戦記「長い戦いのスタート」より。

一年前

 全日本プロトーナメント、決勝三番勝負第一局、東京羽沢ガーデン、相手は十代―。

 時期は一ヵ月程遅れているが、昨年と同じ状況である。

 一年前の事は、今でもはっきりと覚えている。

 慌てて家を出たのでコートを忘れ空港で買った事、対局室の暖房が利き過ぎて、少々イライラした事。負かされた後、谷山浩子さんらと飲みに行って、「チャンピオン」というあまりにピッタリの曲を歌った事。飲み過ぎて、翌日朝の航空券をキャンセルした事。

 あの時、東京へ発つ飛行機では、隣に少女が座っていた。

 彼女が参考書を開いていた事から受験と判り、少し話をしたのだが、明日の相手が彼女と同年齢である事にあらためて気付き、愕然としたものである。

 今年、私の隣に座ったのは二人の若い女性だった。

 はしゃいだ様子を見ると今度は旅行のようである。

 明日は、旅行気分で楽しく将棋が指せるだろうか。

 彼女らの会話をぼんやり聞きながら、私はそんな事を考えていた。

気持ちの差

 一年前とはどこが違うのだろうか。

 まず相手の実力。これは、森内四段には悪いが、羽生竜王の方が上と言わざるを得ない。

 私の調子。これは今年の方が調子が良さそうである。

 一番大きなのは気持ちの差である。

 昨年は名人対四段。勝たなければいけない、で縛られていた。

 だが、今年は名人対竜王。結果を気にせずに伸び伸び指せる。

 ただ、一つ気になっていたのは対局数の不足である。

(中略)

羽生竜王の調子

 三番勝負に備えて、「竜王、羽生善治。」で彼の全棋譜をあらためて並べてみた。

 いや強いこと強いこと。

 並べても並べても、羽生勝ちの棋譜ばかりである。

 谷川全集の棋譜を並べると三局に一局負け将棋が出てくるが、羽生全集は四局半に一局。この差は大きい。

 但しその彼も、今年に入ってからつまり竜王になってからは、少々負けが込んでいる。

 1月と2月の棋譜を並べて、研究の最後とした。

(以下略)

—–

朝日新聞の全日本プロトーナメントは1982年度に開始され、1987年度までの6回中4回、谷川浩司名人が優勝していた。

谷川名人が受験生の少女の隣の席に座った前年の1988年度(対局は1989年)は、谷川浩司名人(26歳)と森内俊之四段(18歳)による決勝三番勝負。

結果は、森内四段が2勝1敗で優勝している。

余談になるが、この時の全日本プロトーナメント決勝三番勝負第1局には有名なエピソードがある。

東公平さんの「升田幸三物語」より。

 思い出すのは森内俊之四段と谷川浩司名人が決勝三番勝負をやり森内が勝った時(平成元年二月十日)のこと。だまって継ぎ盤を眺めていた升田は森内の勝ちとにらみ、「名人がC級2組に負けちゃいかん」の一言を残し帰ってしまった。対局者とは顔は合わせなかったが升田は、十八歳の新人森内が、昔親しかった京須行男八段の孫であることを知っていて、応援の気持ちで来たのだったと思う。

谷川名人は「明日は旅行気分で楽しく指せるだろうか」と書いているが、1年前の苦杯を喫した時の気分を一新して対局に臨みたいという気持ちの表れなのだろう。

この期の全日本プロトーナメントは、谷川名人が先勝したものの、その後2連敗して、羽生竜王が優勝している。

全日本プロトーナメント後の名人戦で、谷川名人は中原誠棋聖に敗れて名人を失冠するが、その年の竜王戦で、谷川王位・王座は羽生竜王から竜王位を奪取することになる。

それにしても上記の自戦記では、谷川名人の、十代棋士に対する微妙で揺れる思いが正直に描かれていると思う。

谷川浩司名人(当時)「彼とは何れタイトル戦で戦うことになる」

将棋マガジン1990年1月号、谷川浩司名人による竜王戦(島朗竜王-羽生善治六段)第2局観戦記「幸福の基準」より。

 羽生五段が今期竜王戦本戦に出た7月頃、私の気持ちは複雑だった。

―ちょっと挑戦者になるのは早いんじゃないの。

 だが、南王将に勝ち、大山十五世に勝った時点で心境が変わった。

―彼とは何れタイトル戦で戦うことになる。それなら、彼の初舞台を早目に見ておいた方が良いのではないか、と。

 行かなければ、と思った。

 今回の相手は島竜王だが、自分も対局場に出向いて、対局しているつもりで観戦しよう、と。

 川崎、天童、福岡、下呂・・・。

 七番勝負を前にして、依然調子のもどらない島竜王も気になっていた。

(中略)

 12月号の「月刊プレイボーイ」に島竜王の記事が掲載されている。

 題して「しあわせの基準」

―棋士にとっては将棋に勝つことが一番のしあわせ。ただ半面、個人としてのしあわせというものもあると思う。

 その反面、彼はこんなことも言っている。

―毎朝、起きるたびに圧迫感がある。竜王戦まで何日に迫っているんかを実感する。

 この一年間彼は、竜王として世間から脚光を浴びながらも、その竜王としての責任を果たすだけの成績を残せなかった。これは、私も五年前に経験した事だった。

 その島朗が、最高の挑戦者・羽生善治を迎えて、目覚めた。

 対して、羽生六段はどのような気持ちでこの七番勝負を迎えたか。

 棋王戦、棋聖戦、そして竜王戦。ファンの期待を背負いながら、三度目の正直でやっとかち取った挑戦権だった。

 そして、七番勝負も大方の予想は羽生乗り。とても私が初めて加藤(一)名人に挑戦した時のような、気楽な雰囲気ではないはずである。

 その羽生六段が第一局に負けた。

 いくら彼が、「公開対局は全く気にならなかった」と言っても、普段の対局なら最後の勝ち筋△6七銀は発見していただろうから、影響があった事は否めない。

 苦しい将棋を逆転して、結局最後は羽生勝ちに終わるのか、という空気が控室に流れていただけに、意外だった。

 もっとも、これが第二局以降に響くとは思いにくいが・・・。

(中略)

 第11図からは完全に駒取り勝負である。大駒を取られないように注意しなければならない。

 衛星放送では、解説の森下六段が駒の取り方について熱弁を振るっていたが、私は別の事を考えていた。

 この素晴らしい将棋が駒数判定のようなつまらない形で決着がついてはいけない。持将棋であってほしい。

(中略)

 終局は午後八時ちょうど。

 疲れを感じていたはずだが、仲の良い二人でもあり、また、勝負がつかなかった気安さもあり、感想戦は活発だった。

 いつものように島竜王は、断定的な表現で指し手を進める。

「どうでしたかね」と言いながらも、羽生六段も言葉程には自分の指し手に不安を感じていない。

 周囲の口出しを許さないような厳しさの中での感想戦。

「俺達が一番強い」の自信に満ち溢れていた。

 打ち上げの後、島竜王はスタッフの方と麻雀、羽生六段は森下六段と囲碁を楽しんでいた。

 勝負の余韻が残っていたのかもしれない。

 翌日は、二人仲良く山寺へ行った後、羽生六段は午後の飛行機で帰京した。

 島竜王は寄り道をしたので、帰宅は日付が変わった頃だろう。

 勝負の世界での幸福とは、もちろん勝つ事だが、もう一つ挙げれば、自分の実力を100%発揮できる相手と戦う事だと思う。

 竜王・島朗、挑戦者、羽生善治。

 この二人は今、一番充実した、そして幸福な時を過ごしている。

 この七番勝負で、たとえ最終的にはどちらかに、勝利の女神が微笑むとしてもである。

—–

この期の竜王戦は熱戦が続き、羽生善治六段が4勝3敗1持将棋で、初のタイトルを獲得することになる。

—–

「彼とは何れタイトル戦で戦うことになる」。

このような思いは、大山康晴十五世名人が中原誠十六世名人に、中原誠十六世名人が谷川浩司九段に対して、同様に感じていたことなのだろう。

—-

明後日のA級順位戦一斉対局では、羽生善治二冠-谷川浩司九段戦が行われる。

羽生二冠が勝てば名人挑戦決定、谷川九段が勝てばプレーオフの可能性が残る。

棋士別成績一覧によると、羽生-谷川戦は2年振りに行われる。

2005年以降、対戦成績は、羽生二冠の13勝1敗。

鍋奉行

将棋マガジン1990年1月号、大崎善生さんの編集後記より。

「いればいたで(具を入れる順番とかで)うるさいし、でもいなければこれもまた困る」。某日奉行抜きで、鍋を囲んでいた時、将世のH山さんがポツリと一言。もちろん自他共に認める天才鍋師(そんな言葉あったかな)N五段の不在を嘆いた言葉です。その存在はN五段抜きで、鍋をつつく行為が、まるで悪いことをしているかのように思わせる程に圧倒的なのです!! 鍋の季節はカゼの季節。御自愛下さい。

—–

N五段が誰なのか調べてみた。

この当時のN五段は、

沼春雄五段、中田宏樹五段、中田章道五段。

中田章道五段は名古屋在住、中田宏樹五段は25歳だったので奉行には早すぎる。

そういうわけで、沼春雄五段が天才鍋師であったということになる。

—–

今日は鍋について考えてみたい。

寄せ鍋

寄せ鍋、鍋料理の一つ。汁を入れた鍋に野菜や魚介類など様々な材料を入れて煮込むもの。 一言でいえば、具としては何でもありの鍋。鍋奉行が一番活躍できる鍋だ。

ポリシーが感じられず、個人的には、能動的に食べたい鍋ではない。

ちゃんこ鍋

相撲部屋で食べられる鍋。体を作る目的もあるので、寄せ鍋に比べると肉系の具が多くなっている。

私が一番のお薦めのちゃんこ料理店は、中野にある「力士」。ここの味噌味のちゃんこ鍋は、鍋嫌いの人(私)が何度でも食べたくなるほどの絶品。

湯豆腐

鍋奉行殺しの鍋が湯豆腐。非常にシンプルな鍋だ。

鴨鍋

食べたことはないが、鍋奉行の活躍が必要そうだ。

水炊き

博多の料理。鶏肉や骨から出る旨味を生かすために、他の調味料を使わずに水から煮立たせるのが本来の調理法。

水炊きはシンプルでありながら非常に美味しいと思う。

高級店だが、真剣に水炊きを食べるなら、築地の「新三浦」がお薦め。

すき焼き(牛鍋)

私は、東京に出てくるまで、すき焼きを生玉子につけて食べるとは知らなかった。

しゃぶしゃぶ

肉を食べる際に、ごまだれ派とぽんず派に二分される料理。

私はごまだれ派。

美味しいごまだれにラー油をたっぷり入れて刻みネギも沢山いれると、どのような普通の肉でも非常に美味しく食べることができる。

もつ鍋

福岡県の郷土料理が発祥。

バブル崩壊後の1992年からブームが始まった。

よく考えてみると私は食べたことがないかもしれない。

てっちり

丸山九段が竜王戦第4局の朝食で食べたのもこの鍋。

フグが主な食材。個人的には鍋が終わった後のフグ雑炊のほうが美味しいと感じる。

かき鍋

カキをベースにした鍋。

鍋の内側に味噌を塗って煮ると土手鍋になる。

私はカキフライは好きだが、それ以外の牡蠣料理は全くの苦手なので、まだ食べたことはない。

すっぽん鍋(まる鍋)

食べたことはない。

何か、健康食品や薬のようなイメージがする。

あんこう鍋

一度だけ水戸で食べたことがある。

個人的には苦手な鍋だった。

石狩鍋

石狩鍋、鮭を主材料とした北海道の郷土料理。

北海道には何度も行っていた時期があったが、まだ食べたことはない。

—–

要は、私には好きな鍋が少ないということだ・・・

中飛車関連書籍amazon売上TOP10(1月29日)

今週は、amazonでの中飛車関連書籍売上TOP10。

ゴキゲン中飛車の急所 (最強将棋21)ゴキゲン中飛車の急所 (最強将棋21)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2011-12
遠山流中飛車急戦ガイド (マイコミ将棋BOOKS)遠山流中飛車急戦ガイド (マイコミ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2010-07-28
マイコミ将棋BOOKS 戸辺流現代振り飛車手筋集マイコミ将棋BOOKS 戸辺流現代振り飛車手筋集
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2011-06-24
マイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破りマイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破り
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2011-09-21
渡辺明の居飛車対振り飛車〈1〉中飛車・三間飛車・向かい飛車編 (NHK将棋シリーズ)渡辺明の居飛車対振り飛車〈1〉中飛車・三間飛車・向かい飛車編 (NHK将棋シリーズ)
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2008-02
鈴木大介の将棋 中飛車編鈴木大介の将棋 中飛車編
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2008-10-23
パワー中飛車で攻めつぶす本 (最強将棋21)パワー中飛車で攻めつぶす本 (最強将棋21)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2009-12
急戦、中飛車・三間飛車破り! (羽生の頭脳)急戦、中飛車・三間飛車破り! (羽生の頭脳)
価格:¥ 1,020(税込)
発売日:1992-08
プロの将棋シリーズ〈1〉鈴木流豪快中飛車の極意 (プロの将棋シリーズ (1))プロの将棋シリーズ〈1〉鈴木流豪快中飛車の極意 (プロの将棋シリーズ (1))
価格:¥ 1,365(税込)
発売日:2003-02
マイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイドマイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイド
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2009-11-17

1989年、島竜王が谷川名人に頼んだこと

将棋マガジン1990年2月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ何でも書きまっせ!!」より。

 十一月二十七日、月曜日。衛星放送「囲碁将棋ウイークリー」出演の帰り、そのまま竜王戦第5局の対局場である下呂温泉に立ち寄るために、名古屋で途中下車した。

 その名古屋で谷川名人と待ち合わせ。名人も一緒に下呂温泉へと向かうのだ。

「今回は仕事ですから」とニッコリ。竜王戦は旭川をのぞいて全局顔を出していた名人だが、仕事で行くのはこれが初めて。

「二人の戦いぶりを勉強するために」とはプライベート観戦の弁だが、筆者はこの名人の一連の行動のすべてを読み切った。

 常に羽生の勝敗の行方を気にするそのアツイ視線はタダ仲ではない。そう、谷川名人は羽生六段のファンだったのだ! 別名オッカケ。(この仮説が立証される日は近い)

 さてその羽生ファンクラブ第一号の名人、名古屋に着くや否や、レコード店を探し始めた。

「どないしたん?」

「いえね、島竜王に頼まれ物がありましてね」

 聞けばユーミンの新譜のCDらしい・・・。

「発売されたのが先週の土曜日だから、多分あると思うんですけど」

不安そうな名人を見て、私の目は光り輝き「はっはっはっ、甘いで。ユーミンが3日も残っとるかいな」

 読み筋通りだった。どこのレコード店へ行っても、売り切れですとつれない返事。

「しょうがないですね。島さんにはなかったと伝えるか・・・」

 場所は変わって下呂温泉。名古屋から2時間ほど揺られて山奥の湯けむり漂う下呂に着いた。さすがに三大名泉と謳われる素晴らしい温泉街だが、ほとんどが土産物店と旅館なので、1時間ほど名人と散歩をしても神戸の飲み屋街のようなところは見当たらない。

 ふとそんな時、小さな商店街を歩いて見上げると、小さなレコード屋さんがある事に気がついた。

「ひょっとしたらユーミンがあるかもしれへんなあ」私は笑いながら名人を見た。

「入ってみますか」

 二人はふらりと店の中へ入った。人の良さそうなおばさんがレジの前に座っている。

 絶対ないと思いながらもこう尋ねた。「あのう、ユーミンの新譜ありますか?」

 こともなげにおばさんは答えた。

「へえへえ、入ってますで」そう言ってダンボール箱を開くと、そこにはどっさりとユーミンの新譜が。

「・・・・・・」声がなかった。

 読者の皆さん、ほしいCDがない場合、下呂に行きましょう。

(以下略)

—–

調べてみると、この時、島竜王から頼まれて谷川名人が探していた松任谷由実さんのCDは、1989年11月25日発売の「LOVE WARS」だったようだ。

LOVE WARSLOVE WARS
価格:¥ 2,500(税込)
発売日:1999-02-24

—–

私は松任谷由実さんの曲についてはあまり詳しくないが、一番好きな曲は「真夏の夜の夢」。


YouTube: 真夏の夜の夢 松任谷由実

今見ると、ものすごく華やかだ。

—–

「真夏の夜の夢」は、1993年のTBS系ドラマ『誰にも言えない』の主題歌だった。

出演は、賀来千香子、佐野史郎、山咲千里、羽場裕一、そのまんま東、中村綾、野際陽子、など。

非常に高い視聴率を獲得した番組だった。

誰にも言えない DVD-BOX誰にも言えない DVD-BOX
価格:¥ 23,940(税込)
発売日:2012-02-24

—–

主演の賀来千香子さんは、雑誌「JJ」のモデルとして活躍し、その後女優デビューした。

私は、賀来千香子さんがJJの表紙に出ている頃から注目をしていた。

とても私の好きなタイプで

・・・

話が脱線してしまったようだ。

神吉五段(当時)が書いているように、この時期、谷川名人は羽生六段を非常に強く意識しはじめていた。

近いうちに自分に立ち向かってくる相手として。

当時、谷川名人が羽生六段をどのように思っていたか、などについて、明日または明後日から触れていきたい。