羽生善治棋王(当時)「ちょっと自分の感覚に疑問(?)を持ったりしました」

将棋マガジン1992年1月号、「羽生善治の次の一手&詰将棋&クイズ」より。

 最近、「オーメン4」という映画を見ました。

 映画はジャンルを問わないのですが、グロテスクなのは苦手なので、オカルト映画はあまり見たことがありません。その時も期待していなかったのですが、ストーリー的に大変面白いなと思いました。

 早速、まだ見ていない1~3をレンタルビデオショップで探したところ、家の近くの店には全然置いてありません。

 この映画、あまり人気がないようなので、ちょっと自分の感覚に疑問(?)を持ったりしました。

—–

オーメン1は、1976年に封切られた映画で、6月6日午前6時に誕生し、頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。 「666」は新約聖書のヨハネの黙示録において“獣の数字”とされる。

オーメン1は大ヒット。

オーメン2もヒット。

オーメン3は興行的に失敗。

オーメンは当初から3部作として予定されていたという。

そして、オーメン4は、元々はテレビドラマとして制作された作品だが、日本では劇場公開された。

そういう意味で、オーメン4は、1~3までとはかなりイメージが異なる作品になっているという評価になっている。

ネットで調べても、オーメン4は、”オーメン”ファンから酷評を受けている。

羽生二冠が1~3を見たとしても、楽しめなかったのではないだろうか。

—–

私は怖い映画が大好きだったので、オーメン1だけはリアルタイムで見ている。

しかし感想は、つまらなかったの一言。

上映中のほとんどの時間、寝ていた。

オカルト映画なのに理屈が多すぎるのが、個人的に気に入らなかった理由だ。

翌年に公開された大ヒットした「サスペリア」は、オーメンとは正反対の理屈抜きの作品。

私の中では非常に評価が高い。

怖い映画は、理屈など無視して、ジェットコースター的に楽しませてくれればいい。

—–

オーメン4を私は見ていないが、オーメン1~3と傾向が違うわけで、贔屓の引き倒しではないが、羽生二冠の感覚は正しかったのだと思う。

—–

オーメン [Blu-ray]オーメン [Blu-ray]
価格:¥ 2,500(税込)
発売日:2010-07-02
オーメン2/ダミアン [Blu-ray]オーメン2/ダミアン [Blu-ray]
価格:¥ 2,500(税込)
発売日:2010-07-02
オーメン4 [DVD]オーメン4 [DVD]
価格:¥ 1,490(税込)
発売日:2008-10-10
サスペリア [DVD]サスペリア [DVD]
価格:¥ 3,990(税込)
発売日:1998-10-25

木村晋介将棋ペンクラブ会長、「JG×ポプラ寄席」に出演!!

将棋ペンクラブ会長の木村晋介弁護士から、

添付の企画が決行されます。皆様にお伝えください。
木村家は、久しぶりに「野ざらし」をやろうと思っています。

とのメールあり、このブログでもお知らせしたいと思います。

—–

添付の企画とは「JG×ポプラ寄席」で、JGとポプラ社のコラボレーション企画。

JGは、新宿~御苑~四谷をエリアとしたタウン誌(月刊フリーペーパー)。

ポプラ社は、「少年探偵江戸川乱歩全集」でもお馴染みの出版社。

この二社が、仕事帰りに気軽に楽しめる落語会として企画したのが「JG×ポプラ寄席」です。

そして、その第1回目の出演者が、木村晋介弁護士、放送タレントの松尾貴史さん、ジュンク堂書店社長の岡充孝さん。

落語会の後は、食事会(会費制)も開催されるということです。

興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。

落語会日時

3月19日(月)

開場:18:30

開演:19:00~20:40

会場:ポプラ社コンベンションホール(地図)

料金:前売・当日2,000円(ウェルカムドリンク付き)

【食事会】

時間:20:50~22:30

料金:前売・当日3000円(ドリンク代別)

【お申し込み・問い合わせ】

 

(株)H14 月刊「JG」編集部

 

03-5361-8015

 

jg@h14.co.jp