中井広恵女流名人(当時)「恋をしても強くなる」

将棋マガジン1990年1月号、中井広恵女流名人(当時)の「相居飛車のすすめ」より。

”おめでとう”

 何度言われてもうれしいものですが、肝心の将棋の方は負けてばかり。

 ”恋をしても強くなる”と言った手前、タイトルを奪われるわけにはいきませんから、”おめでとう”の半分は女流名人就位式の為にとっておこうと思います。

 ”結婚”

 私の一つの夢はかないました。女の子なら誰でも結婚に憧れるものです。でも、口の悪い先輩棋士達は言います。

某棋士 ”おめでとう。しかし結婚は第二の人生なんていうけど、墓場だよ。喜んでるのも今のうち、俺なんて結婚式の日は手錠をかけられた気分だったよ”

翌日―

広恵 ”あんな事言ってたけど、奥様にはしっかり甘い事言ってるのよねェ。どう思う?”

某直子ちゃん ”そうだよ”

某久美ちゃん ”そう思う”

広恵 ”でしょう?”

二人 ”20歳で結婚なんてもったいないよ。家事は大変だし、まだ遊びたいし、〇〇先生の言うこと、わかるなぁ”

広恵 ”ちょ、ちょっと……”

——

中井広恵女流名人(当時)結婚直後の頃の出来事。

某直子ちゃんは林葉直子女流王将で、某久美ちゃんは山田久美女流初段。

—–

「恋をしても強くなる」

恋は将棋の強さの逆風となるのか追い風になるのか。

これは非常に難しい問題だ。

逆に、

将棋は恋にとって逆風となるのか追い風になるのか。

これは、もっと難しい問題だ。

タイトルとURLをコピーしました