2013-08-19

棋士のエピソード

屋敷伸之七段(当時)「左足で指しても勝てる」

月刊宝石2001年の何月号かの、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。  涼しくなったらまた揉んでくださいと言っていた順子が、まだ残暑のうちに電話をくれた。「9月3日、旦那が留守なんですよ、S子さんも一緒にうちで指しまくりましょう」...
タイトルとURLをコピーしました