2014-08-01

スポンサーリンク
観戦記

羽生善治五冠(当時)「将棋とは互いに最善を尽くせば短手数で終わるものではないかと、最近思うようになりました」

将棋世界1994年11月号、高林譲司さんの第35期王位戦〔羽生善治王位-郷田真隆五段〕第7局観戦記「羽生、死闘を制す」より。  「今期の王位戦は素晴らしかった」  プロ棋士からもアマチュアの将棋ファンからも、すべてが終わった...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました