2014-10-29

観戦記

振り飛車党には指しにくい矢倉囲いへの▲4一銀

将棋世界2004年2月号、河口俊彦七段の「新・対局日誌」より。   8時ごろ、終わりそうですよ、と教えられ、5階の対局室に行くと、二局ほぼ同時に終わっていた。渡辺五段と窪田五段が快勝。粘りが身上の北島六段がこんなに早く投げるとは、何があっ...
タイトルとURLをコピーしました