鈴木大介六段(当時)の優勝を決めた中空の香

将棋世界2001年3月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第6回 鈴木大介六段」より。

中空の香で決める

 昨年度のNHK杯決勝、郷田真隆八段との一戦。時間の短い将棋は得意でもあり「絶対優勝するんだ」とやる気満々で対局に臨んだ。

 僕の四間飛車に、郷田八段は居飛車穴熊の作戦で来た。中盤は穴熊流の猛攻にあってずっと苦しい将棋だったのだが、自分にもチャンスが巡ってきたのが角取りに銀を打たれた図の局面。

 ここで▲1四香と中空に放ったのがキレ味ある会心の一手だった。△同香と取るのは▲1三歩と垂らして寄り形。また放っておいても▲1三歩と攻めて振り飛車の勝ちになる。

 本譜は▲1四香に△5五銀▲同馬△4四歩▲1五香。▲1四香に郷田八段は△5五銀~△4四歩と角のにらみを止めてきたが、歩切れになった瞬間に▲1五香と走った手が厳しく逆転。以下も粘られたが勝ち切ることができた。

 空間に打って取れない香は珍しいと思う。30秒将棋の中で指せた自慢の一手である。

—————-

持ち駒が香1枚と金1枚と歩だけで穴熊が崩壊してしまうのだから恐ろしい。それだけ5五の角(馬)の威力が凄いということなのだろう。

いかにも鈴木大介流だ。

—————-

木村晋介将棋ペンクラブ会長がホストを務める将棋ペンクラブ会報の新春対談、今回は、将棋ペンクラブ大賞技術部門大賞を受賞された鈴木大介九段に登場いただいた。

修行時代のこと、師匠・兄弟子のこと、遊びを覚えた頃のこと、注目している振り飛車党の若手、新手のこと、将棋ソフトと棋士の個性、趣味、将棋漫画の監修のことなど、面白くて興味深い話が盛り沢山。

その中からほんの一部を抜粋。

木村 ライバルというような棋士はいますか。

鈴木 行方さんでしょうか。苦手で、ダブルスコア以上です。あれは結婚する前だったと思いますが、出掛けるときに妻から相手が誰か聞かれて、なめちゃんだよって言ったら、あぁそうなんだぁってため息つくような返答されて、カチーンときました。この対局だけは絶対勝ってやると思って臨んだのですが、負けて悔しかったということがありました。

—————-

今まで、新春対談の原稿起こしは2014年を除いて2002年から2016年まで私が担当してきたのだが、今年は観戦記を書く時期と重なったため、幹事の荒幡さんが担当。

私は対談が終わった後の打ち上げにだけ参加。とても楽しい時間だった。

—————-

ところで、私は打ち上げの席に少し遅れて到着したのだが、隣の席から将棋の話題が聞こえてきて、(えっ、ずいぶん将棋界のことに詳しい人達だな)と思って隣の席を見てみると、なんと、勝浦修九段と広瀬章人八段と女性二人が座っていた。

帰り際に知ることになるのだが、広瀬八段が奥様を連れて、師匠夫妻に結婚の報告をしている席だったのだ。

翌日、広瀬八段の入籍が発表された。

—————-

この対談が載っている将棋ペンクラブ会報春号は先週の土曜日に発送作業が行われ、その時に初めてこの対談を読んだ。

対談の中で鈴木大介九段は、「私の才能をはるかに凌駕しているなと思ったのは、若い棋士の中で広瀬君」と語っている。

このような話をした後に広瀬八段が同じ店に現れるのだから、本当に凄いことだと先週の土曜日に思ったのだった。

 

 

コメントを残す