「羽生棋王、佐藤康六段、村山六段がクラス以上に強い、といってしまえばそれまでだが、この結果を見ても番狂わせと思われない現状の方がすごい。若手の勢いが実力者に位負けしない時代になったのだろう」

将棋世界1992年10月号、「第5期竜王戦」より。

将棋世界同じ号より。

 竜王戦決勝トーナメント準々決勝で中原名人、米長九段、高橋九段という名人A級が枕を並べて討ち死にした。

 一時代前には大先輩の前に座ると目がくらんで実力の半分も出せず、気がついたらボロボロという話をよく聞いたが、最近の若手にはそんな可愛い?話はカケラもない。

 羽生棋王、佐藤康六段、村山六段がクラス以上に強い、といってしまえばそれまでだが、この結果を見ても”番狂わせ”と思われない現状の方がすごい。若手の勢いが実力者に位負けしない時代になったのだろう。

 準決勝の2局は8月24日に対局された。

 1図は羽生棋王-村山六段戦。

 先手の羽生がヒネリ飛車模様から▲3六飛と寄った時、村山は歩を守らなかったので先手が一歩得する。しかしその分後手も△6五歩と伸ばして▲3六飛~▲7六飛のコースは実現しそうもなく一触即発の雰囲気である。

 そして今△8六歩と打った局面で普通は▲8五歩と受けるのが形だが、それでは面白くないと見たか羽生は▲6五桂と跳ねる強手で対抗した。

 以下△8八角成▲同銀△6五銀に▲8三歩(途中図)が予定した好手。

 後手△同飛なら▲2二歩で、△3三金に▲6四飛が銀取りになる仕掛けである。

 仕方のない△6二飛に▲8四飛と回って8筋攻略が約束され桂損の代償を得た。

 局面は進んで2図に。

 今△8七歩成とした局面で、仮に▲同銀は△5七桂成▲同玉△8四歩のねらいである。

 だがこの歩成りはもう一手早く指しておく手が正解だったという。

 羽生はこの一瞬を見逃さず▲7二と△同飛▲8三角としたが、これが好手で、以下△6二飛に▲6五角成△7八と▲8一飛成と進んで優勢を確定した。

 羽生はこの後緩みなく寄せ、67手の短手数で押し切った。

(以下略)

* * * * *

「竜王戦決勝トーナメント準々決勝で中原名人、米長九段、高橋九段という名人A級が枕を並べて討ち死にした」

中原誠名人を羽生善治棋王が、米長邦雄九段を村山聖六段が、高橋道雄九段を佐藤康光六段(タイトル・段位は当時)を破っている。

羽生世代の棋士が大活躍する時代の幕開けを象徴するような流れ。

* * * * *

最近、プロの棋戦で、相掛かりの出だしからひねり飛車となる展開が増えてきた。

ひねり飛車は石田流と少し似たような攻撃パターンとなる。

振り飛車党にとっても嬉しい話だ。

* * * * *

本局はひねり飛車力戦形。

1図からの▲6五桂、2図の△8七歩成など、羽生善治棋王と村山聖六段の、お互いの秘術を尽くしたような手がどんどん出てくる。

この時代にリアルタイムで中継があったとしたら、多くの人がハラハラしながら手に汗を握っていたことだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました