2017-07-25

スポンサーリンク
読む

「棋譜を見ただけでは絶対に知り得ない、生きた勝負を知る上での貴重な話」

将棋世界2002年12月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。  新人王戦は木村一基六段が2勝1敗で鈴木大介七段を降し、見事前年度準優勝のウップンを晴らした。  8月某日、手合課から連絡があり第1局の立会人をやらないかとの打診...
タイトル戦の食事

第58期王位戦第2局対局場「ホテル日航福岡」

羽生善治王位に菅井竜也七段が挑戦する王位戦、第2局は福岡市の「ホテル日航福岡」で行われる。→中継 「ホテル日航福岡」は、JR博多駅から徒歩3分のシティホテル。 〔ホテル内のレストラン〕 「ホテル日航福岡」内のレ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました