2017-08

読む

杉本昌隆六段(当時)の振り飛車の見本のような絶妙な捌き

将棋世界2003年5月号、関浩五段(当時)の「公式棋戦の動き」より。  1図、予想通り杉本の四間飛車に加藤が棒銀を採用した。  図の▲3七香は、近ごろ加藤が他棋戦で試みた新手法だが、杉本は軽快なフットワークで裏をかく。△4六...
読む

佐藤康光棋聖(当時)「以前タイトル戦を戦った次の日、先崎八段に指摘された事がある」

将棋世界2003年6月号、佐藤康光棋聖(当時)の第61期A級順位戦プレーオフ〔対 羽生善治竜王〕自戦記「挑戦権を逃す」より。  先日ゴルフに行った時、前の組のあまりのスロープレーぶりに驚いた。時間をかけ過ぎて、度を越している。明らかにマナ...
読む

石田和雄八段(当時)「この将棋は、森九段がその持ち味を十二分に発揮した名局ですね。この棋譜を名を伏せて並べても、後手番を持って指したのは森九段だ、と分かります」

将棋世界1988年10月号、第29期王位戦七番勝負〔谷川浩司王位-森雞二九段〕第4局「タイトル戦を斬る ―真髄を見せた森将棋―」より。石田和雄八段(当時)と青野照市八段(当時)の解説。 石田 これまでの戦いぶりから見ても森九段はとにかく将...
タイトル戦の食事

第58期王位戦第4局対局場「ウェスティンホテル淡路」

羽生善治王位に菅井竜也七段が挑戦する王位戦、第4局は兵庫県淡路市の「ウェスティンホテル淡路」で行われる。→中継 ウェスティンホテル淡路は、淡路花博の開催に伴い開業された、スターウッド・ホテル&リゾートの高級ホテル。 20...
インタビュー・対談

居飛車穴熊創世記〔振り飛車受難の時代の始まり〕

将棋世界2003年5月号、高橋呉郎さんの「棋士たちの真情 闘志いまだ健在ー田中寅彦九段」より。  そのころの田中は、親の敵でも討つように、いつも肩怒らせて対局室に入ってきた。対局中も闘志を面上にみなぎらせ、ときに相手をにらみつける。後年、...
タイトルとURLをコピーしました