羽生善治竜王名人(当時)「土壇場に追い込まれた状況で勇気を持って踏み込んで勝利につながった」

将棋世界2003年8月号、アサヒスーパードライ広告「勝利への躍動 羽生善治竜王名人<タイトル戦篇>」より。

 第43期王位戦七番勝負で私は窮地に追い込まれていた。10連覇の懸かった防衛戦であったが初戦から3連敗し、4戦目には早くもカド番となってしまったのである。この追い込まれた状況で自分は一体どんな将棋が指せるのか。私はこの苦境に立ちながらも、不思議と客観的に自分自身を観察していた。第4局は先手の谷川浩司九段が得意とする角換わりに誘導。一撃必殺の激しい戦型でタイトルを取りにこられた。

 図は角換わり腰掛け銀先後同型の仕掛けから、先手が▲4五桂と金取りに跳ねてきた局面。

 図から最も自然な一手は△3二金と引く手であり、私自身も図の局面の先手を持って△3二金▲4一角△7四角▲2八飛△4二飛▲1一銀と進んだ前例がある。

 ここで私が指した手は△2四金。歩越し金の悪形で常識的には考えにくい手だ。こう指されたら先手を持ってどう決めるのか分からないと思っていたのだが、実際カド番に追い込まれた一局で指すには勇気が必要だった。結果的にこの将棋に勝つことができ、△2四金は「好手」と認められた。土壇場に追い込まれた状況で勇気を持って踏み込んで勝利につながった、印象に残る一手である。

—————

1図からの△2四金は、心理的にも感覚的にも指しにくい手。

この後、▲5三桂成△同金▲7一角△5二飛▲6一銀△5一飛▲6二角成△4二銀と、後手の辛抱が続く。

本当に勇気がなければ踏み込めない勝負手だ。

羽生善治三冠の好きな言葉に「運命は勇者に微笑む」があるが、まさに△2四金がそのような典型的な一手となるのだろう。

—————

この時(2002年)の王位戦七番勝負で羽生善治竜王(当時)は1勝4敗で敗れている。

広告に載せる題材で、勝局とはいえ失冠したタイトル戦での一局を選ぶところも、一局一局を大事にする羽生三冠らしいところ。

 

 

2017年8月将棋関連新刊書籍

2017年8月の将棋関連新刊書籍。

〔9月以降の新刊〕

 

 

「ゼニのとれる将棋」

2002年度A級順位戦ラス前、佐藤康光二冠(当時)-藤井猛九段戦。ともに5勝2敗で勝った方が名人挑戦に大きく近づくという一戦。

佐藤康光流と藤井猛流の真正面からの大激突。非常に見ごたえのある将棋。

将棋世界2003年4月号、「第61期A級順位戦」より。

 事実上の挑決、佐藤-藤井戦は強手、名手の応酬となった。

 1図から△5七角成▲2三飛成△6七馬▲同銀△3二角▲2二竜△5五歩▲4三銀△8七金…。

 いわゆる「ゼニのとれる将棋」というか、面白い将棋だ。△3二角が大山流を思わせるスケールの大きな一着。▲4三銀にも△8七金の返し技が鮮やか。

(以下略)

将棋世界2003年4月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 挑戦権争いの、佐藤対藤井は、意地を張り合い、アメリカンフットボールのラインがぶつかり合って重い音を立ててるような将棋になっている。2図は▲2三飛成と突破したが、先手有利というわけではない。

2図以下の指し手
△3二角(途中1図)

 人それぞれ得意な手というものがあって、△3二角などもその例。藤井九段の将棋によくあらわれる、というのではないが、こうしたカウンターを好む。だから、ここはうまく行ったと思っていただろう。

 そんな気配は佐藤棋聖にも伝わっていた。なにを!という感じで最強の手を連発する。

途中1図以下の指し手
▲2二竜△5五歩(途中2図)

 その第一弾が▲2二竜。▲2六竜△5五歩▲7八金などと、言いなりになるのは嫌だ、というわけ。とはいえ▲2二竜は危ない。△5五歩から△8七角成の王手で、竜を素抜かれる筋があるからだ。

途中2図以下の指し手
▲4三銀(途中3図)

 案の定△5五歩が来たが、そこで▲4三銀が強手。スレスレの線を行く升田流みたいではないか。

途中3図以下の指し手
△8七金(途中4図)

 ▲4三銀が伝えられると控え室はざわめいた。「とりあえず頭に金を打つよね」の声が聞える。△8七金と打ち、▲同玉なら△4三角の王手で竜を抜ける。

 それを承知の▲2二竜、▲4三銀だから、佐藤棋聖の強情も相当なものだ。

途中4図以下の指し手
▲7九玉△7七金▲同桂△7六歩▲7八歩△5六歩▲3二銀成△7七歩成▲同歩△5七歩成(3図)

 しかし△5七歩成と急所にと金を作って、藤井やや優勢であろう。「5三(5七)のと金に負けなし」と言うぐらいだ。

3図以下の指し手
▲7八銀△5二飛▲4三角△5八銀(途中6図)

 局面は藤井九段の筋書き通りに進んでいた。佐藤棋聖は▲4三角と強打をつづける。

 このとき藤井九段に悪手が出た。

 △5八銀と打ち込んだ手がそれで、俗に△5八と、と入って駒得を図ればよかった。

 手がかりのと金を残す△5八銀は、優勢な側がやる手厚い指し方なのだが、この銀が質駒になってしまう。

途中6図以下の指し手
▲2一竜△5一歩▲5八金△同と▲5三歩(4図)

 ▲5八金と銀を取ってから▲5三歩が痛打。

 4図となって逆転した。△5三同飛と取れば、▲6一角成と切られ、△同銀▲8三金△同玉▲7五桂で詰み。銀を渡したのが、ここで響いている。

 こうしたぎりぎりの線で競り合っている将棋は、ちょっとした差が致命的になる。トン死筋に気づいた藤井九段は、△6二飛と予定を変更したが、ここで大勢が決した。

 △6二飛以下は、▲7六角成と引き付けられ、△5七と、に▲9六歩の逆襲を食らった。こういった攻めは受けがなく、この後は一方的になり、佐藤棋聖が勝った。

(以下略)

—————

見ていて嬉しくなるような佐藤康光棋聖(当時)の徹底的な突っ張り、藤井猛九段の秘術を尽くした△3二角。

結果的にはガジガジ流の△5八銀が敗因となってしまったが、二人の個性と個性のぶつかり合いから生み出された、華があってワクワクして面白い将棋。

—————

この一局は「ゼニのとれる将棋」と表現されているが、「ゼニになる将棋」という題名で書かれた観戦記もある。

大山-升田戦の、これも非常に面白い将棋。そして東公平さんの絶妙な観戦記。

ゼニになる将棋(前編)

ゼニになる将棋(中編)

ゼニになる将棋(後編)

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2017年8月26日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

 

 

羽生世代奨励会入会半年目の頃

将棋世界1983年5月号、滝誠一郎六段(当時)の「奨励会熱戦譜 新四段誕生の一局」より。

新入会員

 57年度入会した者も早や6ヵ月の月日が流れた。皆、平均して成績はいいようだ。

 我々の頃は、弱くても入会できたため半年間はほとんど勝てず、次の入会者を待って成績を上げたものだ。ところが最近は、入会した時点で相当な棋力を持っており、すぐに昇級していく者が目立つ。棋士のほとんどが、自分達の頃と比較して5、6級の者でも強いのに驚いている。同期で成績のかんばしくない者は、遅れをとらないように努力してほしい。

研究会

 有段者ともなると自分の決めた道に対し自覚を持って研究会という場で棋力の向上を求めているようだ。

 私の聞いた話では、研究会員は多少の会費を払い、優勝あるいは準優勝の者へそのお金を割り当てている。それと下位2、3名は、罰金を払う厳しさである。研究会では自分の不得手な戦型で指したり、指定局面を試しているようだ。また、人間的なつながりができ、数少ない友人を得られると同時に競争心が起き、会員にとってプラスになるであろう。こういう傾向は大変すばらしいことと思うので、やめることなく続けてほしい。

ハイキング、一泊旅行

 毎年春になると、ハイキングが行われ、運動不足の会員にとっては、気持ちのよい一日を過ごすと思う。(中には、迷惑がっている者もいるかもしれない)

 前回は、山のコースを選んだため、だいぶまいった者を見かけた。それでも夕食の時には全員はつらつとしてよく食べてくれた。

 今年もよいコースを選び、盤を離れて、清々しいアセをかきたいと思っている。

 秋には、一泊旅行が行われる。春のハイキングと違い親睦が主目的であり、級位者は、有段者に顔を覚えてもらうというのは、プラスになるのだから積極的にアピールして自分を知ってもらうことだ。

 昨年は、愛知県三谷温泉に一泊し、板谷進八段に世話をしていただき、トヨタ自動車工場を全員で見学させていただいた。普段将棋盤に向かっている奨励会員達が関心を持っていない世界を見ることができ、各自いろいろ心に期するものがあったと思う。これらの行事は、奨励会の時のよい思い出になるだろう。

(中略)

57年度の四段昇段者

<関東奨励会>
大野八一雄(椎橋五段門下)
加瀬純一(松田九段門下)
飯田弘之(大内八段門下)

<関西奨励会>
井上慶太(若松五段門下)
有森浩三(有吉九段門下)

大野八一雄
明るい性格で人付き合いが良い。将棋連盟卓球部の幹事をしている。趣味は、音楽、囲碁、ドライブ(最近免許を取ったばかりで、近くの喫茶店に行くにも車で行こうとするので仲間は呆れている)。女の子にもてそうなので少し心配である。

加瀬純一
ホストクラブのホストみたいに、いつもキメており、酒が強く、歌もうまく、さっぱりしていて実に気持ちがいい男だ。師匠がもっとも可愛がっている弟子だ。趣味は野球で、連盟の野球部ではレギュラーである。

飯田弘之
宗教に理解を示し、また、棋士ではただ一人の大学生(上智大学4年)である。奨励会の時に奨励会運動部の幹事をやってのけ、仲間から慕われている。趣味は、運動関係ならほとんどこなす。

(中略)

 四段というのは、あくまで出発点に立ったということに過ぎない。奨励会に入る時は、だれもが高い目標を持って入会しているはずである。そこで私が新四段の人達に言いたいことは、いつまでも高い目標を持っていて欲しい。五段、六段、七段というのは、目標までを一つの長い道にたとえると、連盟が適当なところに線を引いただけのものなのですから。

————–

昭和57年12月奨励会入会の羽生世代奨励会員、羽生善治5級、森内俊之5級、郷田真隆6級、関西奨励会で佐藤康光5級の時期。先崎学2級は前年の昭和56年入会。

「57年度入会した者も早や6ヵ月の月日が流れた。皆、平均して成績はいいようだ」と書かれているが、その後の時代に起きる大きな流れの序章であることは、この時点で奨励会幹事の滝誠一郎六段(当時)も想像はしていなかったことだと思う。

————–

「秋には、一泊旅行が行われる。春のハイキングと違い親睦が主目的であり」とある。

普通はハイキング=親睦ではないか、と突っ込みたくなるところだが、そうでないということは、ハイキングの主目的は体を動かすことによる気分転換なのだろうか。

————–

私はホストクラブについては詳しくないが、1983年の頃の「ホストみたいにキメている」というと、ソフトスーツにネクタイはロベルタ、カフスも身に付けている、という雰囲気になるのだと思う。

ただし、滝六段のホストに対するイメージが1970年代のものだったとしたら、濃紺のスーツに白いワイシャツ、髪型をバシッとキメた雰囲気となる。

1970年代のホスト

現代のホスト

————–

「そこで私が新四段の人達に言いたいことは、いつまでも高い目標を持っていて欲しい。五段、六段、七段というのは、目標までを一つの長い道にたとえると、連盟が適当なところに線を引いただけのものなのですから」は、素晴らしい贈る言葉。