窪田流角交換端強襲一間飛車

将棋世界1998年7月号付録「全棋士出題次の一手 PART2 子供の頃の得意戦法」より、窪田義行四段(当時)。

●ヒント●

振り飛車側の正着、及び少年時代の私が指したであろう一着、合わせて考えて下さい。

—————

●解答● 

▲9三同香成(解答図)

 アマ?級の頃、四間飛車に凝っていた時期にこのような「角交換からの端強襲一間飛車」を使っていました(対居飛車・相振り問わず)。

 1図での正着は「▲9三同香成」で、以下△同香は▲9四歩△同香▲同飛△9三香に、▲7四飛△7三歩と効かしてから▲8四香。▲9三同香成に△同桂なら▲9四歩△9二香打▲6六角でいずれも振り飛車有利となります。

 ただ、当時の私は1図から「▲6六角」と打ち、△3三桂▲9三香成△同香▲同角成と荒っぽい攻めをしていた様に思います。

 その後、居飛車党になって小学生名人を獲り、奨励会入会後四間飛車党になって現在に至っている訳です。

—————

1図に似た局面はよく出てきそうなので、窪田流角交換端強襲一間飛車が成立するケースは思ったよりも多いかもしれない。居飛車側が左半分に金銀4枚を集め、かつ△7四歩と突いている陣形であれば攻撃が成功する。

—————

今週の月曜日に関西地区で放送された毎日放送「痛快!明石家電視台」に、中川大輔八段、桐谷広人七段、窪田義行七段、佐藤紳哉七段、都成竜馬四段、室谷由紀女流二段、北村桂香女流初段が出演した。

関西地区だけの放送だったが、MBS動画イズムでも見ることができる。(1月29日23時57分まで視聴可能)

痛快!明石家電視台「実際どうなん!? 棋士」

バラエティ番組ではあるが、笑える内容がほとんどだったが、入念な事前取材がされた、かなりしっかりとした番組であると感じられた。(二度三度見ても面白さが減衰しない)

—————

基本的には個性派棋士大集合。

特に面白かったのは、窪田義行七段と明石家さんまさんのやりとり。

窪田七段の対局開始直前の光景が映像で紹介されていたとともに、明石家さんまさんが窪田七段の個性をうまく引き出していた。

明石家さんまさんにとっては、窪田七段は絶好のいじり甲斐のあるタイプ。明石家さんまさんと窪田七段はテレビ的に(バラエティー的に)相性がかなり良いように思える。

—————

1月25日の佐藤康光九段・森内俊之九段紫綬褒章受賞記念祝賀会の会場で窪田七段に聞いたところ、番組の収録は13時から17時30分までで、日帰りだったとのこと。

「ずいぶん短い時間で収録が済んだんですね」と聞くと、事前に東京で番組スタッフと打ち合わせがあったので、収録時間が短く済んだのだろうということだった。

非常に丁寧で生産性の高い番組作りがされていたことがわかる。

—————

番組の話をしている時、窪田七段は終始ニコニコしていた。

 

 

コメントを残す