2018-01-31

読む

升田幸三実力制第四代名人の名局になるはずだった一局

昨日からの続き。 将棋世界2004年12月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。 画竜点睛を欠いた一局 昭和43年12月2日 A級順位戦 ▲九段 升田幸三 △八段 山田道美 ▲7六歩△8四歩▲7八銀△3...
タイトルとURLをコピーしました