2019-06-28

読む

色紙が招いたタイトル戦カド番からの大逆転

近代将棋1988年11月号、湯川博士さんの書評エッセー「大山康晴十五世名人 我が出会い」より。  王将戦で挑戦者山田道美が大山を3勝1敗と追い込んだ時のこと。  銀波荘の主人が山田に色紙を頼んだ時、「今書くのはどうも気が乗らない。こ...
タイトルとURLをコピーしました