羽生名人を育んだ八王子将棋クラブ

子供時代の羽生善治名人を育んだ八王子将棋クラブ

八木下征男席主が語る、その後の八王子将棋クラブ出身の棋士たち。

近代将棋2006年5月号別冊スーパー付録「羽生善治少年の全記録」の、八木下征男さんと永井英明さんの対談より。

 どこまでが道場出身者か分類が難しいところはありますが、全国から、強豪の子供たちが、春休みや夏休みを使ってわざわざ来てくれました。

 阿久津主税くん(五段)は町田に住んでいてよくきてくれましたね。その後、埼玉県の浦和に引っ越したけど、そこからも通ってくれました。そういえば、お正月に高崎の親戚の家に家族で集まっていたときにどうしても将棋が指したかったらしく、一人で八王子まで指しにきてくれたこともありましたね。後から入ったのにみんな追い抜いてしまうくらい強くなりました。

 村山慈明くん(四段)は、子どものころから、とっちゃん坊やみたいにどっしりして落ち着いている子でした。

 中村亮介くん(四段)は、奨励会に一度落ちてしまいましたが、それをきっかけに奮起したんでしょうね。一皮剥けて強くなりました。最近本人は道場にみえませんが、弟さんと妹さん(現・桃子女流1級)が道場に通っています。

 高崎一生くん(四段)は、九州の子で関西研修会に入っていたのですが、東京も大阪も飛行機代が二千円ぐらいしか変わらないと関東奨励会に移籍しました。その研修会の前後や夏休みを使って指しに来てくれましたね。

 長岡裕也くん(四段)は、地元八王子の子でいまでもよくきてくれています。とても真面目な子でしたね。アマ時代はそれ程でもなかったのですが奨励会に入ってからおどろく程伸びました。

 甲斐智美女流初段は、兄と弟の3人で来ていましたが、不思議と彼女だけが、プロになりましたね。

他にも現在、奨励会に入っている子どもがたくさんいます。

—–

この対談以降の八王子将棋クラブ出身の棋士は、中村太地五段、伊藤真吾四段、及川拓馬四段。

本当にすごいことだと思う。

玲瓏:羽生善治 (棋士)データベースによると、羽生名人の研究会メンバーは、

VSに長岡裕也五段が、羽生研に村山慈明五段が入っている。

八王子将棋クラブ出身のつながりなのかもしれない。

残りあとわずか、バトルロイヤル風間さん直筆将棋棋士似顔絵プレゼント

4月10日のブログ記事でお知らせした「バトルロイヤル風間さん直筆将棋棋士似顔絵プレゼント」の申し込み締め切りは今日(4月20日)中。

先着20名様に、バトルロイヤル風間さん直筆将棋棋士似顔絵をプレゼント!

4月24日(日)に開催されるバトルさん主催の演芸会「ザ★失投パレード!NO.12」への来場をFAXで予約した将棋ファンの方先着20名様にプレゼントされる棋士似顔絵。

希望の似顔絵の棋士を指定できるところが大きな特徴。

現在のところ、男性からの申し込みが多く、里見香奈女流三冠の似顔絵を希望されている方が多いとのこと。

昨日時点で20名まで残りわずかだが、今日中の申し込みなら大丈夫なようだ。

「ザ★失投パレード!NO.12」

東京メトロ町屋駅ビル・ムーブ町屋にて。

午後2時半開場、3時開演。

入場料500円。

向島「Tomtom」のラスク付き。

別途、近所の居酒屋で二次会あり。

出演は、

バトルロイヤル風間(紙芝居コント)

ルガンガ便一(落語)新作落語の鬼

MISAKO(コント)元・ミス荒川放水路

道端亭ぐーぐ(落語)文京区のレディガガ

若葉亭志ん女(落語)元・洋酒会社営業マン兼手品師

バトルさんは、将棋マガジンの企画で大山康晴名人にインタビューした時の模様を紙芝居で演じる。

ご希望の方は、その棋士の名前をお書きになり、ご自身のお名前、電話番号を明記して、下記へFAXして下さい。 ご来場の際、バトルロイヤル風間直筆似顔絵色紙をお渡しいたします。 〆切は、4月20日。 03(3685)1843。

4.24 ザ★失投パレードNO.12チラシ第3弾発表!

急遽決定!棋士似顔絵色紙プレゼント!ザ★失投パレード!

名人戦第2局対局場「浜松市茶室 松韻亭」

森内俊之九段が羽生善治名人に挑戦する名人戦第2局は、静岡県浜松市の「浜松市茶室 松韻亭」で行われる。→中継

「浜松市茶室 松韻亭」は、緑あふれる憩いの場として、浜松城公園の一角に1997年に開席された本格的な茶室。

杉、栗などの銘木を使用して建てられた棟内には、第一広間(十畳)、第二広間(十畳)、立礼席、離れの小間「萩庵」(四畳半台目)を備え、グループや団体などによるお茶会で気軽に利用できるという。

[ホテルコンコルド浜松]

大盤解説会は「ホテルコンコルド浜松」で行われる。

対局時の昼食は「ホテルコンコルド浜松」から運ばれると思って間違いないだろう。

ホテルコンコルド浜松内のレストランと昼食向けのメニューは次の通り。

○仏蘭西料理 エトワール

○中国料理 王府井

  • 牛挽肉とレタスのチャーハン 950円
  • 豚肉のしゃぶしゃぶ丼 950円
  • ヘルシーネギワカメラーメン 950円

○日本料理 堂満

  • 出世城御膳 二の丸(寿司・天ぷら) 2,000円
  • 出世城御膳 本丸(松花堂弁当風) 2,500円
  • 天婦羅膳 1,650円
  • 造り膳 1,850円
  • 天ざるそば 1,500円
  • 鰻重 2,900円
  • 海老ときのこの天丼 950円
  • 穴子丼 950円

○ブッフェダイニング シャンゼリゼ

  • 和洋中バイキング

○ティーラウンジ ボンジュール

  • 遠州カレー 1,300円
  • シーフードスパゲッティ 1,000円
  • シーフードドリア 1,000円

[昼食予想]

浜松といえば鰻。

両対局者とも「鰻重」を軸としたメニュー構成になることが予想されるが、一日目に鰻重か二日目に鰻重かは悩むところ。

羽生名人は、相手の一日目の昼食メニューを二日目に注文することが多いので、

羽生善治名人

一日目:シーフードスパゲッティ

二日目:鰻重

森内俊之九段

一日目:鰻重

二日目:遠州カレー