雀荘マサキ

野獣猛進流、泉正樹七段の少年時代。

近代将棋1998年12月号、泉正樹七段の「21世紀の初段をめざせ」より。

 先月号でもちらっとお伝えした通り、昨今は勤勉かつ健全な生活で野獣の血が騒ぐ様子もない。ゴルフや酒場への回数の減り具合もさることながら、見事に変化を遂げたのが麻雀生活。覚えたての17の頃は麻雀のパイを見ない日がなかった。自分がやらなくても8畳一間のアパート部屋が将棋関係者の出入りする雀荘だった訳なので…。

20年も前の奨励会員だったら、大抵のものは先輩たちから日々の遊び方や酒の飲み方をくまなくおそわったもので、そういう上下関係が厳しい勝負の世界の空気を和らげていた。

奨励会の対局が終わると「雀荘マサキ」は勝負に飢えた野獣達で大賑わい。

雀台は一卓しかないので先陣争いはいつも熾烈。5番目以降の到着では次局からの参加となるからだ。当然観ているだけでは我慢しきれず「オイチョカブ」「ブラックジャック」などカードを使ったバクチも人気だった。

多い時は両手がふさがるにぎわいをみせるので、麻雀がまだ弱かったせいもあり、ラーメンやコーヒーを作るマスター役に専念。なにしろ雀代やゲーム代が安いからお金に困っている奨励会員や棋士には格好の溜まり場だった。

習慣というものは恐ろしい。週に2、3度こういった状況下に置かれていたので頭の中は麻雀パイとカードの数字ばかりに支配され、将棋の駒を持つ機会が当然ながら少なくなっていった。

麻雀の腕は日増しにメキメキ上がり、マリオ先輩(武者野七段)からは麻雀のプロも目指せと変な激励もされた。

(中略)

将棋の棋譜そっちのけでパイ譜を並べていては将棋の方は無残。勝率4割ぐらいしかなかったが、奨励会はいい所取りの昇級規定だったので運良くたすかった。現在の三段リーグだったら間違いなく四段にはなれなかった。「雀荘マサキ」の生活は1年近く続いたが、みんなの小銭を集めながら育てていた兄貴分の滝先生(誠一郎七段)が突然、「こんな腐った生活ばかりしていたら、オマエラみんなダメになるぞ! これがあるからいけないんだ」といって雀卓と麻雀パイをどこかに捨て?にいってしまった。

当時滝先生は大阪から移籍してきたバリバリの若手棋士。将棋も勝ちまくっていたが、麻雀はほとんど負けなし。大阪のブー麻雀で鍛えた”スピード打法”は他の追随を許さない。”ムシャノ理論”でさえも一歩及ばず。”麻雀地獄”の中にあって滝先生の生活だけは健康的。「麻雀はやってもいいが徹夜はよせ」といっていたし、対局後の酒などもそこそこにしてたようだから。

朝はサラリーマン並みに勤勉で、8時ごろには一人起き出し、尊敬する笹川良一先生の所にさっそうと出かけていくのです。

必ず夕方の5時には戻ってきたが、いつも口にすることは「俺はまだ人間が甘い!! 笹川先生ありがとう」であった。聞くところによると川にサイフの中身をありったけ流すのが趣味らしく、帰ってきてしばらくは「ガクッガクッ」と、首の骨を折った人のようなしぐさばかりやっていた。

20年経った今も滝先生は麻雀パイ等をどこへ捨てたか明らかにしていないが、ほとんど同じ時期に小滝さん(野獣の親友)のかなり高価であろう腕時計を質屋に入れ、また川に出かけていったから想像しなくても”捨てられた麻雀パイ”の謎は簡単に解ける。

部屋でできなくなってからは新宿の天狗道場の下の階の東舟という雀荘に入りびたる。道場に来るお客さんはたいがい麻雀好き。18歳程度のガキが大のおとな相手に暴れまわる。

そんなえげつない現場を勝浦先生(修九段)には何度となく目撃され見逃されている。ちなみに当時勝浦先生は、麻雀放浪記をものにした作家の阿佐田哲也先生に「芸術的にきれいな打ち筋」と絶賛されており、野獣少年の目標とする棋士像そのものであった。

そういえば他の遊び仲間も勝浦先生の好む洋もくをマネして吸っていたから奨励会員のあこがれの的でもあったのだ。

つづく

—–

この文章が書かれた当時は、勝浦修九段、滝誠一郎七段とも日本将棋連盟の理事だったので面白さは倍増する。

阿久津主税七段の師匠でもある滝誠一郎七段の趣味は「競艇」。

泉七段の文中、”「ガクッガクッ」と、首の骨を折った人のようなしぐさ”というのは、本当に目に浮かぶようだ。

昨年5月の将棋ペンクラブ交流会には滝七段にも来ていただいたが、滝七段が将棋会館4階エレベータ前で競艇の話をしている時も、首をガクッガクッと動かしていた。

滝七段は、当時の多くの若手棋士たちの良き兄貴分的存在だった。

丸山新手のあけぼの

3月のA級順位戦最終局で繰り出された丸山新手”冷えピタ”の萌芽の頃。

近代将棋2003年5月号、本田小百合女流初段(当時)の「本田小百合の棋界突撃レポート 棋王戦の舞台裏」より。

 散策から帰ると棋王戦主催の共同通信の担当者である橘さんが、両対局者の昼食の注文を聞いて帰ってきたところでした。

 そこで、橘さんにタイトル戦の開催の苦労話やエピソードなどをお聞きすることにした。

「お二人の今日の昼食はなんですか」

「丸山さんは、うな重にオレンジジュースとフルーツ。羽生さんは、豚肉とキムチのあんかけ石焼ご飯でした」

「一度では覚えきれない長い名前ですね(笑)。お二人とも食欲旺盛ですね」

(中略)

「1局目は金沢市での開催だったのですが、羽生さんら一行は飛行機で金沢入りしましたが、丸山さんは軽井沢に住んでいますので軽井沢から高崎経由の新幹線での移動でした。私が高崎駅で待ち合わせして同行したのですが、金沢は大雪注意報が出ているほどの悪天候、軽井沢も雪のはずですが高崎駅のホームで丸山さんに会ったときはびっくりしました。コートも着ずにスーツ姿でしたからね(笑)」

「さすがお父さんが雪国出身なので寒さには強いのでしょうか」

「普段もコートはほとんど着たことがないようです。1、2局ともに対局室の天井の照明が暑いということで、前日に調整してもらったのですが、当日、対局中に丸山さんはしきりにセンスで頭を扇いでいました。羽生さんは、少し寒いくらいだといっていたのに(笑)。丸山さんは対局中にモニターテレビ用のカメラを見ながら頭の上をパタパタとやって<何とかしてくれ>といった表情を見せるので部屋に行って温度を下げたりしましたが、あまり下げると羽生さんが<寒い>というかもしれませんしね」

(以下略)

-----

この文章を読むと、丸山新手はいつ出現しても不思議ではなかったということがわかる。

矢内理絵子女流四段

1ヵ月前のことになるが、昨年に続いて、女流名人位戦観戦記を書いている湯川恵子さんから誘っていただき3月29日に行われた里見香奈女流名人の「第三十七期女流名人位戦表彰式」に参加した。

里見女流名人、復興支援イベント参加へ…女流名人位戦の祝賀パーティーで (スポーツ報知)

第37期 ユニバーサル杯 女流名人位戦 表彰式 (株式会社ユニバーサルエンターテインメント)

第37期ユニバーサル杯女流名人位戦(表彰式の模様をアップ) (LPSA)

この日、米長邦雄会長のあいさつで「近々、大きな発表がある」という話があったが、今思えば、里見香奈女流三冠の奨励会編入試験のことだったことになる。

里見香奈女流名人・女流王将・倉敷藤花が奨励会1級編入試験を受験(日本将棋連盟)

里見名人、女性初のプロ棋士目指し「奨励会」編入試験 (スポーツ報知)

里見香奈女流三冠の決断には頭が下がる思いだ。ぜひ四段以上になってほしい。

—–

11:30から表彰式。その後、祝賀パーティー。

棋士では、私が確認できただけでも

米長邦雄会長、 西村一義九段、青野照市九段 中川大輔八段、上野裕和五段、

谷川浩司九段、大内延介九段、田中寅彦九段、中村修九段、鈴木輝彦七段、大島映二七段、

甲斐智美女流二冠、関根紀代子女流五段、矢内理絵子女流四段、斎田晴子女流四段、高群佐知子女流三段、竹部さゆり女流三段、上田初美女流二段、北尾まどか女流初段、井道千尋女流初段、山口恵梨子女流初段、渡辺弥生女流1級、

谷川治恵女流四段、宇治正子女流三段、

石橋幸緒女流四段、船戸陽子女流二段、中倉宏美女流二段、島井咲緒里女流初段、大庭美樹女流初段、大庭美夏女流1級、

が出席。

賑やかで和やかな雰囲気の会だった。

—–

祝賀パーティー終盤、里見香奈女流名人からの謝辞があった。

皆、それぞれの会話を止めて、里見女流名人に注目する。

私も体を180度回転させてステージの方を向いた。

すると、丸テーブルをはさんで目の前には矢内理絵子女流四段が立っている。

非常に華があり、かつ勝負師の凛とした緊張感も漂う後ろ姿。

矢内女流四段が立つのは、ステージ上の里見女流名人から真正面後方の位置。

そこから1.5m離れた真後ろが私。

矢内女流四段は、里見女流名人が話している間、微動もしなかった。

凛とした後ろ姿。

里見女流名人の防衛を祝福するとともに、「今期は私が女流名人を奪還してみせる」という強い意志のオーラが感じられた。

会場のほとんど最後列かつ真正面の位置で、里見女流名人に向かい合う矢内女流四段。

まるで「巨人の星」などのスポーツ根性劇画の1シーンを見ているようで、何とも言いようのない感動を覚えた。

—–

祝賀パーティーの最終盤は、報知新聞社 室雄二取締役編集局長による中締め。

室編集局長は関西弁で、なかなかノリの良いスピーチ。

矢内女流四段は、やはり微動もせずに聞いていた。

すると、室編集局長は、

「ところで矢内さん、今年は里見さんのライバルのあなたも頑張ってくださいよ」。

矢内女流四段は1秒間ほど微動もしなかったが、すぐに「バタッ」というような感じで姿勢がよろめき、隣にいた女性と笑いながら短い会話を交わしていた。

この突然のギャップも私にとっては感動的だった。

静かに燃える今期の矢内理絵子女流四段の活躍を期待したい。

4月23日もろもろ

4月23日の今日は、渡辺明竜王、高橋道雄九段、船戸陽子女流二段、熊倉紫野女流初段の誕生日。

血液型はそれぞれ、O型、A型、B型、AB型と見事に分かれている。

旧暦ではあるが、関根金次郎十三世名人も4月23日生まれだ。

血液型はわからない。

それはともかく、4月23日は棋士を多く輩出する日と言ってもいいのだろう。

—–

4月20日は逓信記念日。

14年前、4月20日を中心に前後の1週間が逓信記念週間とされた。

近代将棋1997年7月号によると、1997年4月23日、中井広恵女流五段(当時)が、日本将棋連盟がある千駄ヶ谷を管轄する代々木郵便局の「一日郵便局長」となったとある。

その日の中井郵便局長は、

・局内巡回と局員の激励

・店頭でお客さんに花をプレゼント

・5面指し指導対局

などを行い、皆に大いに喜ばれた。

花をプレゼントされたお爺さんが、いきなり「吹けば飛ぶような将棋の駒に~」と大声で歌いだして、周りの人たちが大いにウケたというようなこともあったようだ。

一日税務署長や一日警察署長だとこうはいかないが、郵便局は常にお客さんが来るところなので、”棋士の一日郵便局長”はかなりな好手筋かもしれない。

将棋関連書籍Amazon売上TOP20(4月23日)

Amazonでの将棋関連書籍売上TOP20。今週は一気に20位まで。

ハチワンダイバー 19 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 19 (ヤングジャンプコミックス)
価格:¥ 540(税込)
発売日:2011-03-19
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 760(税込)
発売日:2011-02-10
決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 720(税込)
発売日:2005-07
40歳からの適応力 (扶桑社新書)40歳からの適応力 (扶桑社新書)
価格:¥ 777(税込)
発売日:2011-03-25
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
価格:¥ 510(税込)
発売日:2010-11-26
どうぶつしょうぎのほんどうぶつしょうぎのほん
価格:¥ 800(税込)
発売日:2010-07-13
ダークゾーンダークゾーン
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2011-02-11
広瀬流四間飛車穴熊勝局集広瀬流四間飛車穴熊勝局集
価格:¥ 2,520(税込)
発売日:2011-04-13
将棋世界 2011年 05月号 [雑誌]将棋世界 2011年 05月号 [雑誌]
価格:¥ 750(税込)
発売日:2011-04-02
やさしいこども将棋入門―どんどん強くなるやさしいこども将棋入門―どんどん強くなる
価格:¥ 924(税込)
発売日:1993-01-02

将棋序盤の指し方入門 羽生善治のみるみる強くなる将棋序盤の指し方入門 羽生善治のみるみる強くなる
価格:¥ 998(税込)
発売日:2009-12-01
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
価格:¥ 490(税込)
発売日:2008-02-22
四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2011-04
NHK 将棋講座 2011年 05月号 [雑誌]NHK 将棋講座 2011年 05月号 [雑誌]
価格:¥ 530(税込)
発売日:2011-04-16
結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2010-11-26
聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)
価格:¥ 730(税込)
発売日:2002-05-07
マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2011-03-15
羽生善治のみるみる強くなる 将棋 終盤の勝ち方 入門羽生善治のみるみる強くなる 将棋 終盤の勝ち方 入門
価格:¥ 998(税込)
発売日:2010-06-25
久保の石田流久保の石田流
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2011-03-24
ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスターハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスター
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2006-02-01